チャイルドシートを売るために失敗しちゃいけないこととは?

不要になったチャイルドシート
子供の成長に伴って、チャイルドシートからジュニアシートに買い替えたい場合、今まで使っていたチャイルドシートをどうすればいいのか、迷いますよね?

赤ちゃんが生まれる予定の知人がいるのなら譲るのも良いですが、そうではない場合、捨ててしまうにはもったいなさ過ぎますので、欲しい方へ売るのが一番の手ではないでしょうか。

では、チャイルドシートを売るにはどうするのがベストなのか、私の失敗談をここにまとめましたので、あなたは絶対に失敗しないように気をつけて下さいね。

スポンサーリンク
アドセンス336

チャイルドシートを高く売るコツ

まず、私がチャイルドシートを売るために検討したのは次の3つです。

  1. リサイクルショップ
  2. ヤフオク
  3. ネット買取業者

この3通りの方法の中から、どれが一番高く売れるのか、手間がかからないのかなどを調べてみることにしました。どこから手を付けるのが高く売れるコツだと思いますか?

正解は、ネット買取業者です。ネットでの買い取りでは「見積もり」を提示してくれる所がほとんどです。そうすることで、相場を知ることができるので、ヤフオクへ出品するにしても、リサイクルショップへ売るにしても最低価格を頭に入れておくことが高く売るコツになります。

実際に売る場合には、必ずクリーニングをしておきましょう。洗剤を染み込ませた布で拭くだけでもシミが簡単に取れることもあります。また、落ちない汚れがあったり、破損している所がある場合は、隠そうとせずにきちんと申告するようにしましょう。

どこで売るのが一番いいのか?

ネット買取業者

では実際に、ネット買い取り業者から見積もりを取ってみましょう。業者によって異なりますが、たいていの場合、申込画面から売りたい商品の写真を添付する必要があります。キズや汚れがある場合はその部分だけの写真が必要なことも。

また、品番だけを入力して「概算」を教えてくれるショップもありますので、それでも良い場合はこちらを活用してみましょう。

他には、写真ではなく実際に品物を送ると、見積もり価格がメールで提示され、納得すればその場で買い取りし、納得できなければ返送されると言うシステムのところもあります。しかし、梱包までしたのに金額が低かった場合には、時間だけが掛かってしまうので、あまりオススメはできません。

ヤフオク

ネット買取・ヤフオク・リサイクルショップの中で、一番高く売れる可能性があるのはヤフオクです。どうしても欲しい落札者がいますので、古い型でも特徴のある機能が付いていると高く売れることも多いです(ベッド型・回転型・限定色など)。

また、同じものを出品している方のページを参考にして、売れやすい品名に工夫することもできますし、最低価格を設定することもできますので、やり方次第で高額取引が成立することが望めます。

リサイクルショップ

一番手軽な売却の方法です。その日のうちにその場で買い取ってくれるので、すぐに現金に変えられると言う大きなメリットがあります。ただ、ベビー用品専門店なら話しは別ですが、「高額」での買い取りはあまり期待できないと思っていた方がいいでしょう。

最大のしくじり!最低価格で売るしかなかった理由とは?

以上を比較した結果、ベビー用品専門のネット買い取り業者へ売ることで考えがまとまりました。ヤフオクも良かったのですが、2台まとめて売りたいと思っていたため、手間を考えてのことでした。しかし…。

結局私が取った行動は、地元のリサイクルショップへ持ち込み、わずか6,100円と言う最低価格での買い取りで終わってしまいました。その理由とは…。

チャイルドシートの外箱は捨てちゃダメ!

ヤフオクとネット買い取り業者で必ず必要になるのが、梱包です。ぷちぷちに包んで箱に入れればいいだろう、と思っていたのですが、チャイルドシートがとにかく大きい!!!購入した時の外箱を捨ててしまっていたため、他の箱で代用しようと考えました。

ところが、思った以上にチャイルドシートは大きい上に重い…。ネット買取のサービスで無料配布している梱包資材には、到底入りきらない大きさだったのです。これにはかなりショックを受けました。家中のダンボールを出しても入らないですし、スーパーで持ち帰りOKの段ボールを見ても全くサイズが合いませんでした。

同じような悩みを持つ方がいらっしゃって、ヤフー知恵袋では「電気屋さんで冷蔵庫のダンボールをもらうと良い」と言う回答があるほどです。なるほどなーとは思ったのですが、電気屋さんへ行く勇気はありませんでした。

段ボールを組み合わせて梱包しようとも思いましたが、かなり無理があり、泣く泣く諦め、一体いくらで売れるのかわからないリサイクルショップへ持ち込むことになりました。

そのリサイクルショップも、出張買取してもらえると思いきや、「家具」のみが対象でしたので、自分で車に積み込んで持ち込むことしかできませんでした。

結果、チャイルドシート2台、ベビーカー、ハイローチェア、ババスリング、ベビーゲート2つと言う大量売却にも関わらず、「うち、ベビー用品あまり扱ったことがなくて、これしか出せないのですが…」と言う最低レベルの査定を受け、わずか6,100円で買い取りをしてもらう事となりました。正直、大大大失敗に終わりました(;´д`)トホホ…。

ネット買い取りの見積では、チャイルドシート1台で1万円のところもあったので、かなり大損してしまいました。最後はもうめんどくさくなってしまい「安くても片付くならいっか!」と言う気持ちになったのが良くなかったですね。

結論:チャイルドシートを売るためには

外箱は邪魔だと思っても捨てちゃダメ!

これに尽きますね(泣)
これから売りたいとお考えの方、外箱ありますか?

成功したベビーグッズ売却法はこちら

使わなくなったベビーグッズを高く売るコツとは?ヤフオクvs宅配買取店を徹底比較
息子ももうすぐ3歳になり、使わなくなったベビーグッズが将来の子供部屋を占拠していました(;´∀`) 譲るような知り合いもいませんし...
スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336
ランキング
いつもありがとうございます(^^)
更新の励みになりますのでポチ凸お願いします

高齢ママ ブログランキングへ

フォローする

こんな記事も読まれています