ベネッセから個人情報流出お詫びの金券のお手紙が来ました

こどもちゃれんじに入会しているので、
やっぱりうちの情報も流出していたようです。
今までお詫びのお手紙が来なかったのですが、
本日ようやく金券の案内とともに送られて来ました。

ネットに登録している情報なんて、
もうあっちこっちに流出しているもの
と思っていたので、私個人はさほど
驚くこともなかったんですよね。

もちろんあってはならないことですが。

今回お詫びの品として500円分の金券は、
選べるようになっています。
楽天Edy、Amazonギフト券、nanaco、図書カード、
ベネッセ子ども基金への寄付
の中からひとつ選択します。

私はnanacoを選ぶことにしました。
ネットかはがきで手続きをします。

個人情報保護法って本当に厳しくて、
私が以前勤めていた中小企業でさえ、
とても厳しいシステムで運用していました。

パソコンに携帯を接続すれば、
即座にシステム担当者から呼び出しがかかるほど。

USBメモリーなどの記録媒体は絶対に接続できませんし、
メール送信でも、添付ファイルはNG、
もしくは暗号化した上にパスワードを発行し、
別メールで送ると言う流れでした。

それなのに、ベネッセのような大企業で
いち派遣社員がこのような事件を起こしたことは
不思議でなりませんでしたね。

ネットって簡単に個人情報を入力してしまいますが、
最近は躊躇するようになってきました。
でも入力しなければ先に進まないですから、
とにかく各企業にはしっかりとしたセキュリティで
運用してもらいたいなぁ、と願うばかりです。

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。