ディズニーランド2歳の息子との楽しみ方とおすすめ攻略法【2016】

tdn001

先日、2歳(ほぼ3歳)になる息子と一緒にディズニーランドデビューをして来ました!男の子はどんなアトラクションにハマるのか?ミッキーマウスは好きなのか?など、気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク
アドセンス336

男児ってディズニーランドに興味あるの?と言う疑問

tdn006
行く前に心配だったのは、以下の点です。

  1. 乗れるもの(アトラクション)
  2. 食事
  3. ベビーカーは必要か
  4. 持ち物
  5. 楽しみ方(周り方)

今回ディズニーランドへ行こうと思ったきっかけは、youtubeでイッツ・ア・スモールワールドやシンデレラ城を見ていた時に、「ディズニーランド行く?」と聞いたら「行く!」と答えたことです。

ディズニーランドに限らず「~行く?」と聞けば、どこでも「行く!」とは言うのですけどね。(;´∀`)

今までミッキーマウスには全く興味を示していなかったので、行くつもりはありませんでした。でも最近になって、ミッキーのトレーナーを着ていると「ミッキー何してるの?」と聞いてくるようになったので、興味があるんだな~と判断。連れて行ってみることにしました。

でも、ディズニーランドが好きなのって女の子なのかな?と言うイメージがあり、男の子はどうやって楽しむんだろう~?と言う疑問がありました。

そこで、まずはブログを検索してみて、2、3歳の男の子が喜ぶアトラクションを調べることから始めました。同じ男のお子さんを持つ方のブログを周り、ビビリの子供でも楽しめるアトラクションを選んで、計画を立てました。

我が家のディズニーランド攻略計画

まずは、ネット検索だけではキツイので、最新版のナビガイドをゲット。

私自身、10年以上ぶりの東京ディズニーランドだったので、エリアとアトラクションの場所を頭に入れておこうと、ナビガイド片手に計画を立てました。

どきどきワクワクの期待感と、無駄なくうまく回って楽しむにはどうしたらいいのかな?と言う疑問と、雨が降ったらやっべぇなーと言う不安でいっぱいでしたが、天気予報は「晴れ」だったので、雨対策は無視することにしました。

【ディズニーランド攻略計画】

  1. スマホでワンス・アポン・ア・タイム抽選
  2. バズライトイヤーのファストパスを取得(ママ)
  3. ジャングルクルーズ
  4. ウェスタンリバー鉄道
  5. 昼食(チャイナボイジャーでラーメン)
  6. 蒸気船マークトウェイン号
  7. パレード(ハピネス・イズ・ヒア)
  8. バズライトイヤー
  9. 空飛ぶダンボ
  10. アリスのティーパーティ
  11. イッツ・ア・スモールワールド
  12. プーさんのハニーハントFP取得
  13. ホテルへチェックイン~お昼寝タイム
  14. 再入園
  15. ワンマンズ・ドリームショー
  16. 夕食(プラザ・レストラン)
  17. エレクトリカルパレード
  18. 昼間楽しそうだったアトラクションをもう一度
  19. シンデレラ城ワンス・アポン・ア・タイム
  20. 夜のジャングルクルーズ
  21. 花火ハピネス・オン・ハイ

と、結構てんこ盛りな感じの計画を立てました。オフィシャルホテルのシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテルに宿泊でしたので、昼寝をしに一旦戻り、夜も遊ぶ!と言う内容にしました。

1年でもっとも空いてると言う1月は本当に空いてた?

tdn007

色んなサイトやブログを読むと、1年で最も空いているのは1~2月の平日との情報が多いんですよね。ガンガン乗れちゃうのかな~、いやでも金曜日だからそれはないか、いやでも空いてたりして~、と期待に胸を膨らませながら計画をしました。

そこで役に立ったのが以下のサイトです。

ディズニーランド攻略に役立つ便利サイト集

中でも、個人運営の「ディズニーリゾート待ち時間・混雑情報」と言うサイトがかなり役に立ちました。

と言うのも、公式スマホアプリはディズニーランドに入場していなければ混雑状況を見れない仕組みになっていますが、こちらのサイトでは、どこからでもリアルタイムに混雑状況が確認できるようになっています。

ディズニーランド内で働いている人が情報を流しているのかはわかりませんが、このサイトを参考にし、ファストパスをどう取るかなど、計画に役立てました。

そして、結論、やっぱり週末は混んでいた

いくら寒い1月の平日とは言え、週末ということもあり、それなりに混んでいました。学生服の集団が多かったのが目につきましたが、この季節は一体なんの旅行なんでしょうか?

他にも幼稚園生の遠足などが目立ちました。1月に遠足ってすごいなーと思いましたが、空いている時期をあえて選んでいるんでしょうかね。

修学旅行や遠足などが無い1月、受験シーズン真っ只中ということもあって、空いているかな~と期待したのですが、残念でした。とは言え、大型連休などの混雑に比べれば、完全に「空いていました」と言えると思います。

実録、我が家のディズニーランド攻略法

tdn003

攻略はしてないんですが(^_^;)結構色々と回れましたので、実際に我が家が楽しんだ内容をまとめてみます。

スマホでワンス・アポン・ア・タイム抽選→ハズレ!

ディズニーショー抽選

  1. バズライトイヤーのファストパスを取得(ママ)
  2. ジャングルクルーズ
  3. ウェスタンリバー鉄道
  4. 昼食(チャイナボイジャーでラーメン)
  5. プーさんのハニーハントFP取得
  6. FPでバズライトイヤー
  7. グランドサーキット・レースウェイ
  8. イッツ・ア・スモールワールド
  9. アリスのティーパーティ
  10. パレード(ハピネス・イズ・ヒア)
  11. ホーンテッドマンション
  12. ホテルへチェックイン
  13. 15:00~17:00お昼寝
  14. 再入園
  15. 夕食(プラザ・レストラン)
  16. エレクトリカルパレード
  17. ロジャーラビットのカートゥーンスピン
  18. FPでプーさんのハニーハント
  19. シンデレラ城ワンス・アポン・ア・タイム
  20. ワールドバザールでお土産
  21. 花火ハピネス・オン・ハイ

トータルで10個のアトラクションに乗れました。10分以上並ぶものは避け、使ったFPは2個のみ。

2歳の男の子が喜んだアトラクションはどれ?

とにかく普段からビビリの息子。未だにブランコにも乗りません(;´∀`)

そんな息子に、真っ暗闇でぐるぐる回って大きな音がする系のアトラクションは無理だろうなーと思いつつ、チャレンジしてみました。ちゃんと乗る前に本人に「乗ってみる?」と聞いてから並びました。と言っても、本人も親もどんなアトラクションかわかってないので意味なしですがw

すべてのアトラクションにおいて、共通して言えることは「固まっていた」と言うこと(笑)どれに乗っても「笑顔ではしゃぐ」ことはなく、固まっていましたね。本人は楽しかったのか、疑問が残ります(汗)

親の目から見て、2歳児が喜ぶアトラクション

1位 バズライトイヤー
2位 イッツ・ア・スモールワールド
3位 アリスのティーパーティー
1位バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

バズは、暗いし動くしどうなのかな~?と思っていたのですが、乗った瞬間ママが握った光線銃を横取りしました(笑)やっぱり男の子だな~と思わずニンマリ(^^)

動くと言ってもすごくゆるかな動きですし、自分で回転するレバーを操作するので、あまりいじらなければ回ることもありませんでした。大人には楽しくないですが、子供は好きなようでした!
tdn004

2位イッツ・ア・スモールワールド

事前にyoutubeで見ていたこともあり、「小さな世界」にハマっていました。船に乗るまでに広がる空間や壁のイラストを見ているだけでも楽しそうで。特にウチの息子は時計が好きなので、かなり喜んでいました(^^)

3位アリスのティーパーティー

いわゆるコーヒーカップです。ぐるぐる回さなければゆっくり乗っていられます。と思ったら、ママがすぐに気持ち悪くなりました(笑)三半規管が弱いみたいです(TдT)

親の目から見て、やばかったアトラクション

1位ロジャーラビットのカートゥーンスピン
2位ホーンテッドマンション
1位ロジャーラビットのカートゥーンスピン

本人は「楽しかった、怖くなかった」と言っていますが、音が大きくてぐるぐる回って、暗くなってピカピカ光って、とかなり目まぐるしく激しいタイプで「わ~、息子大丈夫か~」と最初から最後まで心配になるアトラクションでした。

元々乗る予定は無く、夜のトゥーンタウンで良く見えずに、車につられて入ってしまったのですが、もう少し音が小さいと楽しめるのになぁと言う感じでした。

2位ホーンテッドマンション

こちらも元々乗る予定は無く、パレード終了後に近くにあったので入ってしまいました。真っ暗になるし、おばけの声はするし、やばいかな~と思ったのですが、結構平気な様子でいました。

息子も成長していた、と言うことかもしれません!

ベビーカーは必要か?

tdn008

どのブログを読んでも、お昼寝を考えるとベビーカーは必須!と書いてありました。

我が家では、お昼寝時間はホテルへチェックインをして、家族で休む予定でいました。普段は「歩きたい子」で、近頃は一切使っていなかったので、ベビーカーが必要かは悩みました。

でも、もし疲れて歩きたくないと言い出したら抱っこはできないですし(15kg)、休憩するところもありません。体が大きいので、レンタルするのも無理っぽいなと思い、ごくたまに使っているJEEPのバギーを持って行くことにしました。

久々にバギーを見ると乗りたがるので、入園する前に1回、お昼寝前に1回乗っただけと言う結果に。

「荷物も乗せられるし、とにかく必須!」と言う言葉を真に受けて持って行きましたが、今思うと「不要」だったと思います。

ディズニーランドのあの広い中を、2歳児がそんなに歩けるのだろうか?と言う気持ちが強かったので持ち込みましたが、普段から歩くことが大好きな子でしたので、持って行かなくても全く問題ありませんでした。結局、ママには邪魔なだけでした(汗)

持っていく荷物は少なくていい!

tdn005

どうしても「おしっこもらしたらどうしよう」とか、「オムツは多めがいいかな」とか不安に思ってしまい、荷物は増えがちになりますね。ランド内で色んな物が売っているのはわかっていますが、買いに走るのも面倒かな~なんて思って結局大荷物に。

でも服を汚すこともありませんでしたし、おむつ交換も1回だけしかしませんでしたので、いらぬ荷物を持って行っただけでした。

あまり「予備」はいらないのが、ディズニーランドかもしれません。

リュックより斜め掛けバッグがオススメ

荷物を持つにはリュックが便利ではありますが、私個人的には斜めかけバッグの方が、財布やカメラをさっと取り出すのには便利なのでオススメです。

でも、着替えやオムツも不要になれば、リュックがいいな~と思いました。次回はリュックで行くつもりです!

とにかく高い!ランド内の食事

高いのはわかっていました。覚悟もしていました。
でも、いざお昼を食べようして「お会計3,730円です」なんて言われると、思わず卒倒しそうになりますね(笑)

ランチで4,000円て何だよっ!と心の中で叫びましたーーー(*´Д`)
tdn002

夫は、「夢の国だから、高いのはわかる」と仕切りに力説。
ゴミひとつ落ちていない敷地内、キレイなトイレ、広大なアトラクションのメンテナンス、そしてサービスの数々、スタッフの多さ、それらを思えば、入場料も飲食物の値段も高いのは本当にしょうがないなと思います。

そう、それが夢の国!

だって、大人も笑顔になれる楽しい場所ですもんね。
長時間並ばなければいけないということもあって、2015年は満足度が低かったようですが、これからも長きに渡って運営して欲しいと思う遊び場所ですね。

おいしいと前評判のそぼろごはんでしたが・・・

tdn009
野菜をほとんど食べない2歳児が食べてくれるメニューはどれかな、と事前に公式サイトで全メニューを確認。さらにブログをチェックして、美味しかったというものをチョイスしておきました。

お昼のチャイナボイジャーのラーメンは美味しかったです。子供はラーメン大好きですからね。

そして夜は、プラザ・レストランで鶏そぼろごはんセット・焼き肉ナムルボウル・ミッキーの手がかわいいグローブシェイプ・チキンパオを頂きました。
tdn010JPG

率直に、そぼろごはんは全然美味しくありませんでした。大人が食べてもおいしくなかったし、息子は食べようともせず、セットのフライドポテトとオレンジジュースのみを食べ、夫のナムルボウルも残念な結果で(TдT)

唯一私が食べた、チキンパオだけは美味しかった!(個人的見解です)

花火を見るベストポジション見っけ!

tdn011

とあるテレビ番組を見ていたら、ハピネス・オン・ハイ(花火)を見るベストポジションが「スティッチ・エンカウンター」横のベンチだと言っていました。

そこで見ようかな~と思っていたのですが、ワールドバザールで買い物をしているうちに花火の時間が迫って来ました。お店を出ると、リフレッシュメントコーナーと言うホットドック屋さんの外に、多数のテーブルと椅子があったので、そこで花火を見ることに。

広く見渡せるベストポジションで、前に人が立って邪魔、と言うこともなく、のんびり見ることができました。1月の寒い夜だったので空いていたとは思いますが、これはラッキーでした。

トータルで一番喜んだのはリゾートラインとミッキーバス!?

tdn012

普段からトミカやプラレールなど、乗り物が大好きな息子。ウェスタンリバー鉄道やジャングルクルーズに喜ぶかな~と思っていたのですが、あまり食いつかず。

笑顔でキャッキャキャッキャ喜んでいたのって、ディズニーリゾートラインとディズニーリゾートクルーザーだったんです!!

tdn013

期間限定、ダッフィー&フレンズライナー号はもふもふのシートで可愛かったです。

tdn014

ホテルとリゾートラインの駅の間を往復しているバスは、すべてがミッキーマウス!
テールランプ、ブレーキランプ、社内時計、シート、つり革、時計、シフトノブ・・・全部がミッキー仕様になっていて、かわいいバスでした。

てっきり舞浜駅まで行くものと思い、ベイサイド・ステーションについても乗ったままだった私たち親子に、運転手さんが声をかけてくれて、間違っていることに気づきました(汗)

でもその間違いのおかげで、わざわざバスのドアを閉じてくれて、この写真を撮ってくれたんです!感謝することしきり。しかもその運転手さん、話し声がミッキーマウスそっくりで(笑)ディズニーランドで息子が欲しがったおもちゃも、このバスでした。

まだまだミッキーマウスに夢中にはならないようです。それでもとても楽しかった旅行となりました。