子供の過失をカバーしてくれる保険てある?親の責任はどこまで・・・

jiko_jitensya
最近のニュースで話題になっている、【子供の過失は親にあるのか】と言う賠償責任問題。とても他人ごととは思えないですよね。

今回の件は、10年も前の事件だそうですが、詳細はこうです。

放課後、学校のグランドで野球チームの練習をしていた子が、練習が終わり、サッカーのシュート練習をしていました。するとゴールからはずれたボールが学校の敷地外へと転がり、バイクで通りがかった80代の男性はボールを避けようと転倒。骨折の怪我を負い、その後死亡。

被害にあわれたご遺族は、学校ではなく子供の両親に5千万円の損害賠償を求めていました。そして今回、日本で初めて【親の責任ではない】と請求が棄却されました。

昼のワイドショーでは学校や市を訴えると裁判に時間がかかるため、子供の親を訴えたのではないか?と解説していました。

そもそも、ボールが道路へ出てしまう校庭は非常にキケンだと思うのですが。とは言え、自分にもいつこの様なことが起きるか不安ですね…。

スポンサーリンク

子供が起こした事故の賠償に対応できる保険

すぐに私が思ったのは、訴えられた場合に対応できる保険てないのかな?と言うこと。何千万円もの賠償金を支払うのは、とても大変です。過去にも、自転車で大人に怪我をさせ、1億円近くの賠償命令がくだったものもありましたよね。家を売り払ったって支払える額ではありません…。

そこでちょっと調べてみました。【子供 過失 保険】みたいな感じで。すると、ちゃんとあるんですね、保険。【個人賠償責任保険】と言うらしいです。

専用の保険もあるそうですがクレジットカードや自動車保険、傷害保険、火災保険などの特約にあって、【個人賠償責任補償特約】とか【日常生活賠償責任保険特約】などと言うそうです自分が加入していれば、配偶者や子供もカバーしてくれるのが多いようです。

気になるなぁ~と思ったら今すぐ自分の保険をチェックしてみましょう!私もチェックしてみました。すると、ありましたよ!私はアクサダイレクトの自動車保険に加入しているのですが、特約で調べてみたら【日常生活賠償責任保険特約(示談交渉付)】と言うものがありました。

★対象
本人、配偶者、同居の親族、別居の未婚の子
★補償範囲
他人を死傷させたり他人の財物に損害を与えて
損害賠償責任を負ったことによって被った損害
★限度額
3,000万円

でも、この事故の内容が

(1)記名被保険者の居住の用に供される住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故
(2)被保険者の日常生活に起因する偶然な事故

と書いてありました。「被保険者の日常生活に起因する偶然な事故」ということは、私がその場に居なければ対象にはならなそうですよね?親とは別の場所で子供が事故を起こしても
対象にはならずダメってことでしょうか?

うーん、難しい!

保険て専門家に聞かないと難しすぎです。知り合いにいればいいんですがなかなかそうはいないものです。

 

【追記】

名被保険者もしくはそのご家族の日常生活に起因する偶然な事故、または記名被保険者の住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故で、他人を死傷させた場合や他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償を負った場合に、保険金額(3,000万円)を限度に保険金をお支払いします。

と書いてありました!「ご家族の日常生活」ってことですから、親が一緒に居ない場面でも保険の対象になるようで、大丈夫そうですね。保険はいろいろと規約が変わったりもするので、自分の保険については年に一回証書などを見直すと良いのではないでしょうか。



こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です