suicaの作り方を画像でまとめてみた!

suicaカードの作り方はとても簡単です!駅の券売機を使えばわずか1分程度で購入が完了します。

券売機の前で慌てないように、実際のカードの作り方を画像でまとめてみました。SUICAデビューする方は、参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

suicaにはどんな種類がある?

まず、作る前に知っておきたいのはsuicaの種類です。

suicaには、無記名式のsuicaカード記名式のmy suicaと言う2種類のカードがありますので、自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

  • suicaカード
    無記名式で、紛失してもチャージ金額の保証無し
  • my suica
    記名式で、紛失した場合の再発行が可能でチャージ金額の保証有り

mysuicaは購入の際に以下の情報が必要になります。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 電話番号

使う頻度が高い方、高額チャージをしている方は記名式を選んだ方が良さそうですね。カードの発行には入力が必要となりますので、少々時間を要しますが、難しくはありません。

スポンサーリンク

suicaカード作ってみた!画像まとめ

suicaが買える券売機

suicaはどこで買える?用意するものは?

suicaカードは、suicaが使える駅のみどりの窓口か、suicaマークがついている多機能券売機で購入することができます。用意するものはチャージする現金(1,000円以上)のみです。

では、実際にカードの発行手続きをしてみましょう!

券売機の前に立ったら落ちついて、画面左側【購入チャージ】ボタンをタッチしましょう。

 

次に、記名式無記名式かを選択します。今回は無記名式のSuicaカードを新規購入してみますね。ボタンをタッチします。

 

suica購入金額を選ぶ

次にチャージする金額を選びます。
入金できる金額は、1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円です。

デポジット(預り金)500円がかかるので要注意!

500円のデポジットに要注意

 

suicaカードはJRから借りると言うスタンスなので、借りるために最初だけデポジットと呼ばれる預り金500円を支払う必要があります。カードを使わなくなった場合は、返却することでデポジットが返金される仕組みになっています。

カードを購入する際のチャージ金額にはこのデポジット金額が含まれているため、1,000円をチャージした場合、運賃として使えるのは500円を差し引いた500円と言うことになります。2,000円なら1,500円、3,000円なら2,500円、10,000円なら9,500円が運賃です。勘違いしないように注意しましょう。

購入金額を入れる

今回は10,000円をチャージしてみました。お金を投入します。

 

ちょっと見にくいですが、↑チャージ金額9,500円/デポジット金額500円と表示されていますね。領収証が必要な場合はボタンをタッチします。

suicaカードが出てきた

あっと言う間にsuicaカードが発行されました!

 

領収書も忘れずに

領収証も出てきました。切符のような領収証です。

これですべての手続きが終了です。ここまで本当に1分もかからずにできるので、ぜひ駅へ行って発行してみて下さいね。

スポンサーリンク

suicaカードって便利なの?

スイカ

私の住んでいるエリアでは、ほとんどの駅でsuicaが使えません^^;ほとんどと言うか、使える駅が一つしかないんです。なのでまったく生活には必要の無いものだったのですが、夫が首都圏エリアへの出張が増えて来たために今回購入することになりました。

電車に乗らなくてもsuica対応の自動販売機やコンビニ、スーパー、ドラッグストア、ファミレスなどで使えるので、持っていて損は無いですね。

Suicaチャージはどこでできるの?

基本的にsuicaカードへのチャージは駅の券売機で行う必要がありましたが、現在ではほとんどのコンビニエンスストアでチャージができるようになったため、お買い物のついでにチャージする人も増えているようです。

Suicaが使える場所ってどこ?

電車に乗るために使うと思っていたSuicaカードですが、nanacoやwaonのように電子マネーとしてコンビニやスーパーなどで使えるんですね。しかも対象店舗もどんどん広がっていますし、タクシーや駅のコインロッカーで使えるところも増えています。

コインロッカーでsuicaって素晴らしい発想ですよね!大きな荷物を入れようとしたら小銭が無くて慌てたことってありませんか?そんな時にSuicaカードがあればいいって超便利じゃないですか?

電子マネーが共通して使えたらいいのにな

電子マネー

電子マネーはお金のやりとりが減る分お買い物がスムーズですし、財布もパンパンにならなくて使ってみると本当に便利ですよね。

私は食料品の買い物にはnanaco(ヨークベニマル・セブンイレブン)とmajica(ドン・キホーテ)を使っていますが、これが1枚だったらいいのになぁ、と良く思います。

電子マネーには

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • waon
  • Suica
  • majica

などがありますよね。これが全部共通になればいのにと思うのは私だけではないはず。もっともっと使い勝手が良くなると、本当に電子マネーカードだけを持ち歩く日も近づくのではないかなぁと思います。

電子マネーは残高を確認する必要があるので(モバイルは別)、チャージが結構めんどうだったりします。チャージのいらない後払い系の電子マネー(iDやQUICPayなど)やデビットカードならさらに便利だなぁと思うのですが、どれが一番便利で使いやすいのか、自分の住んでいるエリアで使えるのはどのカードなのかを考える必要があるので、なかなかnanacoから抜け出せずにいます。

すべての電子マネーが共通して使える世の中になることを願ってやみません!

 

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です