赤ちゃん向け加湿器を買うならこれ!カサカサママを卒業、赤ちゃんにも潤いを♪

赤ちゃんには加湿器が必需品ということで、カタログを取り寄せました。
CAM02253

最近では、加湿器に空気清浄機の機能が一体化した「加湿空気清浄機」が主流のようです。私としては加湿器だけあればいいのですが、せっかくなので最新機種を比べてみました。

スポンサーリンク

加湿器なのか加湿空気清浄機なのか

『空気清浄性能』よりも『加湿性能』に注目して買うならどれがいいのか?比較検討してみました。

購入を検討したポイント

  • 予算は6万円以下
  • 加湿性能が良いこと
  • 加湿器プラスアルファーのオススメ機能があること

この3項目に注目した場合、選べる機種は以下の2台に絞られました。

シャーププラズマクラスターKI-DX85-W


♪プラズマクラスターはシャープだけ♪
この加湿空気清浄機の大きな特徴は、プラズマクラスターで『除電』してくれることです。

毎日、静電気でバチバチ痛い思いをしている私には、もってこい!除電することによって、空気中のホコリが壁などにくっつくのを防いでくれるらしいです。

さらにスピード吸じん機能でお掃除までしてくれると。すごいですね!忙しいママには、お掃除まで楽にしてくれるのは大きなポイントです。

価格は最安値で5万7千円台からあるようです。

KI-DX85-Wの口コミをチェック

  • ココロエンジン搭載だから色々と音声で知らせてくれるのが面白い
  • 大きいけど、キャスター付きで移動は比較的楽
  • エコ運転なら睡眠時も静か
  • 風量「強」でも音はほとんど気にならない
  • 食後の気になるニオイが気にならないくらいまでになった
  • プラズマクラスターで子どもたちのアレルギーの出方が軽減
  • 匂いや汚れを感知した時の音は若干大きいが、慣れれば問題ない
  • 加湿力がある
  • 操作しやい
  • サイズがやや大きい
  • 目の前にいると風があたって寒い
  • ペット臭を取ってくれるので助かっている

パナソニックナノイーF-VXJ90


パナソニックと言えば、ナノイーですね。ナノケアドライヤーやスチーマーを使っているのでとても身近に感じます。

こちらの加湿空気清浄機の大きな特徴は、人を検知してすぐに集じん機能がスタート、先回りしてお部屋をキレイにしてくれるそうです。

さらにお出かけ中には、勝手に留守掃除運転をして、床に落ちるホコリが半分に!いいですね~♪

最安値価格は4万8千円台からありますね。

F-VXJ90の口コミをチェック

  • 子どもの咳が少なくなって効果てきめん!
  • とても気持ちが良いほど室内の空気が変わった
  • 食事で充満したくさい臭いがターボモードでスッキリなくなった
  • 自動モードで十分な加湿
  • 深夜運転でも気にならないほど静か
  • デザインが超カッコイイ(シルバーがオススメ)
  • エコナビのおかげで無駄がなくエコ
  • 大きなサイズが気にならないくらいに優れた機能に満足

うーん、悪い口コミが無いですね、本当でしょうか?

パナソニックvsシャープ 大きな違いは

ここまでは2機種とも、空気清浄の性能はごぶごぶ。カビ菌の除菌、ウィルスの抑制、pm2.5や花粉除去、ペット臭やタバコ臭の脱臭なんて当たり前ですしね。

しかし、大きな違いがここにありました。それは、

加湿の湿度が選べるか選べないか

と言うことです。

加湿に重きをおいている私にとって、加湿設定ができないのは大きな欠点になってしまいました。

パナソニックは湿度設定が選べる3つのモード

パナソニックには湿度設定が選べるようになっているので、こちらが我が家には向いていそうだなと判断しました。

  • 高め60%・標準50%・控えめ40%
  • 約4.2リットルのタンク容量で連続運転約5時間

ただ、毎日のように部屋の湿度が20%台のカラカラな我が家を加湿するには、適用床面積が広い最上位機種でなければ、加湿効果は得られなさそうな気がします。

結論!

以上の条件や性能から検討した結果、パナソニックを購入することにしました。購入後、使い心地や加湿具合などをレビューしてみたいと思います。

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。