ダイソンコードレス掃除機v6 fluffyを1年使ってみた結果まとめレビュー

ダイソンコードレス掃除機v6 fluffy+を使い始めて約1年が経過しました。お掃除大嫌いずぼら主婦の救世主となったことは間違いありません。

先日のアメトーク家電芸人では最新機種V8が紹介され、蛍原さんが欲しがっていましたが、あの気持ち良~くわかります!!毎日のゴミ捨てが楽になっているんですもの(´・ω・`)

スポンサーリンク

ダイソンで変わったお掃除への意識

それはさておき現在使用中のマイダイソン君、コードレスで使い勝手が良いことから、ほぼ毎日掃除機をかける生活に変わりました。掃除嫌いから毎日掃除機をかけるようになる、ってすごい変化ですよね。

今では掃除機を掛けないと気持ち悪いと言う思いを持つようにまで変化しました。でも、そんな手軽に使えるダイソンでも1年使ってみるとわかったことが色々ありましたので、今日はまとめてみたいと思います。

購入した当時のレビューはこちら。
関連記事ダイソンコードレス掃除機はズボラ主婦を救うのか?重い?使いづらい?本当のところ

スポンサーリンク

1年間使い続けたダイソンコードレス掃除機はどうなった?

1年間、本当にほぼ毎日休むこと無く使い続けたダイソンコードレスはへたれたりすることはないのでしょうか?

バッテリー消耗や破損・劣化などは特に無し

新品当時、v6 fluffyの連続使用時間は約20分程度

キッチン→リビングダイニング→風呂場の脱衣所→廊下→和室→洋室→トイレ→玄関→階段
→2階寝室→トイレ→2階リビング

と、未だに広範囲の掃除ができていますので、全然問題はありません。ただ、MAXモードにするとあっという間に終了しちゃいますね(*^^*)

バッテリーの寿命は?

v6のバッテリーは、毎日フル充電をしても3年以上、週3回であれば7年以上は使用できる仕様なんだそうです。

毎日使用しているのであと2年は大丈夫そうですが、その後はバッテリー交換となるのか最新機種に取り替えるのか、それともキャニスターになるのかその時に考えたいと思います。

(家電芸人で紹介された、パナソニックの軽いタイプに気を引かれています…。)

スポンサーリンク

振り返ってみるダイソンコードレスクリーナーの弱点

  1. 米に弱い
  2. 角(段差)に弱い
  3. 静電気に弱い
  4. 重いのでスイスイ楽々では無い

1.米に弱い

台所の掃除をしていてお米を吸い込むこと良くあるのですが、気づくと吸ったはずのお米が落ちていることが良くありました。本体まで登ったお米が落ちてきてしまうんですよね(泣)

軽い綿ゴミやチリには強いダイソンも、重さのあるお米などには弱いようです。

2.角(段差)に弱い

v6%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89

v6 fluffyの特徴と言えばこのヘッドなわけですが、これが逆に部屋の隅(角)にはフィットしないため完璧な掃除には向いていませんでした。

付属品のヘッドを使えばキレイになりますが、なんせズボラ主婦、付属品はほとんど使っていません^^;

3.静電気に弱い

床に落ちている髪の毛。なぜか何度吸い込もうとしても吸い込めない!静電気で床にへばりついている髪の毛は手で拾う方が速いです…。

4.重いのでスイスイ楽々では無い

使い始めた当初から重いのはわかっていました。CMのように片手でスイスイなんて無理だな~と。かなり腕を鍛えてくれる掃除機だ!と思いました。

毎日使い続けていれば重さも慣れるかな?と思いましたが、ぜ~んぜんっ(笑)今もなお、使えば「うぅ、思い…」と言う状態です。

まとめ:ダイソンは掃除嫌いを克服してくれた!

ダイソンクリーナー002

毎日気軽にお掃除ができるダイソンコードレス。弱点があるものの、常に部屋をキレイに保つことが簡単にできると言うのは大きなメリットだなぁと思います。

週に1回程度キャニスタータイプで隅々までキレイにすれば、毎日のお掃除にはダイソンコードレスで十分!と思います。

やっぱりコードレスは便利だなぁと思わせる掃除機です。

 

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です