高齢出産のメリットとデメリットって何?41歳で出産した私の場合

高齢出産のメリットデメリット

40代での高齢出産を経験した私、妊娠した時に調べたのはメリットとデメリット。デメリットはあっても、メリットって一体何なんだろう?と考えました。

スポンサーリンク
アドセンス336

高齢出産にメリットってあるの?

妊娠関係の雑誌を読むと、高齢出産においてのメリットは「金銭的・精神的にゆとりがある」ということのみ。え?これだけ?と思いました(;´∀`)が、世間的に言われているメリットはこれしかありませんでした。

でも、そのたったひとつのメリットについても疑問がわきました。「精神的にゆとりがある」と言いますが、私自身にゆとりはひとつもなかったからです。

いくら大人の年齢40代であっても、初産は初産です。出産の経験がないのですから、若かろうが高齢だろうがそこに「ゆとり」なんてものはあるはずがありません。実際、私の分娩時は「いたーーい!」と叫びまくっていたのですから。

金銭的余裕は人によるでしょうし、なにより20代での出産と比べたら先が短いのですから、メリットは無いのだな~と実感しました。

高齢出産においてのデメリット

では、一番心配なデメリットとは何でしょうか?これはなんといっても生まれてくる子供の病気などのリスクでしょう。

アメリカでの調査によると、40代で出産した場合の自閉症のリスクは、なんと25~29歳の2倍になるという結果が出ています。

こんな数字を見てしまうと高齢出産が怖くて怖くて仕方がなくなってきます。私は妊娠してから出産するまで、毎日このことが頭から離れず、心配ばかりしていました。

だからと言って出生前診断をしようとは思いませんでした。生む前に知ってしまうと良からぬことを考えてしまいそうでしたし、夫婦で話し合ってそう決めました。

高齢出産は精神的にも体力的にもリスクの方が大きいと考えられるので、40代より30代で産んだ方がデメリットが少なくていいんだろうな、と思います。