2018年最新版ハワイアンズの楽しみ方!日帰り攻略編

2018年6月、夏休み目前のハワイアンズへ夫と5歳の息子と日帰りで行って参りました!この記事では、子連れ日帰りの楽しみ方や最新のお得なチケット情報、便利なロッカー、持ち物、レストラン、駐車場情報などをまとめています。7月2日からは駐車場料金が発生するので記事をチェックしてくださいね(^^)/

スポンサーリンク

夏休み前でも土日祝は大混雑!開園と同時に入ろう

約1年ぶりとなるハワイアンズ、夏休み前なので「いくら土曜日でもそんなに混んでないだろう!」と軽い気持ちで行った所それは大間違い!9時の開園時にはすでに一般入場口には長い列ができていました…。人気ですね、スパリゾートハワイアンズ♪

時間とともに混雑は増しますので、日帰りで遊び倒したいなら絶対に開園と同時に入場した方が何かと良いです。コインロッカーの確保や浮き輪の空気を入れるにしても、バスタオルなどの小荷物を置くにしても、早目早目の行動が功を奏しますよ(。-`ω-)

スポンサーリンク

お得な割引電子チケットなら入場も待たずに楽チン!

快適に過ごすための必須項目
  1. 入場券は電子チケット(Eチケ)を使うべし!
  2. 飲食に電子マネーは絶対!
  3. リストバンド決済よりも電子マネー
  4. コインロッカー代は400円だけあれば十分
  5. 朝いちばんに入場して楽しむべし!
待つことが大嫌いで割引チケットも欲しいならば、入場券は事前にPCやスマホで取得できるEチケットを利用するのが超おススメです。

Eチケで20%オフも!おすすめポイント

簡単だからイイ!
  • 割引料金が適用されてお得!
  • スマホ画面を見せるだけで楽チン

(紙に印刷する方法も有)

  • 入場が楽チン

特におススメなのはasoview!(アソビュー)のeチケ!

電子チケットの購入は、ハワイアンズの公式サイトからできますが日付指定無しのオープン券の割引率は5%ほど。

ハワイアンズでeチケットを買うには
  1. ハワイアンズモールへの会員登録
  2. クレジットカード登録
  3. 前日までの購入が必要
  4. 大人3,500円⇒3,300円
    小学生 2,200円⇒2,090円
    幼児1,600円⇒1,520円
ところが、asoview!(アソビュー)と言うサイトから購入すれば最大20%も安く買うことができちゃうんです!
ハワイアンズ割引Eチケットはこちらから

安いチケット無いかな~と探していて見つけたサービス、これは使わない手は無い!と思いその場で購入しました。

asoview割引チケット料金と使い方
  1. 割引料金
    大 人 3,500円⇒2,800円
    小学生 2,200円⇒1,760円
    幼 児 1,600円⇒1,280円
  2. 無料会員登録
  3. クレジットカードで事前購入
  4. 団体入場口から入園し、カウンターで簡単手続き

親二人と5才児で通常8,600円かかるところが6,880円と、1,720円もお安く購入することができました!

購入方法はハワイアンズと同じようにクレジットカードでの支払いとなりますが、公式と違って当日の朝でも購入が可能です。今日行きたくなった!と言う場合でも割引が効くのが嬉しいですね。

ただ、非常に残念なことに夏休み期間中は割引対象外となってしまうのでお気をつけ下さい!チケットの有効期限を良く確認して購入しましょう。夏休み期間中は最大17%オフになっていますのでチェックして下さいね!

夏休みはとにかく混雑がすごいのであまりおすすめはしません…。夏休み前か後に行った方が楽しめるんじゃないかなぁと個人的には思っています。

入場まで楽チンだった電子チケットは神!

入り口で長蛇の列を見た瞬間驚いたのですが、Eチケットなら誰も並んでいない団体入場口から入ることができます。私が行ったときは誰一人並んでいませんでしたので、団体がいないタイミングなら待ち時間ゼロです。

ところが!電子チケットをスタッフに提示しなければなりませんので、ここで受付カウンターに並ぶ必要がありました(^_^;)私の前には5組ぐらいが並んでいたでしょうか?「これは仕方がない…」と思っているとすぐにスタッフがやってきて「リストバンド決済か電子チケット」かを確認し始めました。

電子チケットであることを告げるとその場でスマホを確認し、必要な処理(画面をタップして人数確認するだけ)をして入場処理が終わりました。待つ覚悟をしていたので、驚くほどあっけなかったです(笑)

スポンサーリンク

リストバンド決済の落とし穴

リストバンド決済はクレジットカード名義本人のみが使うことのできるシステムです。当日受付カウンターでリストバンドを手につけてもらう必要があり、しかも家族が使いたい場合は必ず当日に追加手続きをしなければなりません

しかもパパだけがリストバンドを持っている場合、ママがご飯を買いに行く時にはパパを連れて行かなければならないという大きなデメリットがあるのです。

このデメリットを解消するために家族も発行してもらえるようになったわけですが、当日の手続きが必要と言うわけなのです。確かにお財布いらずで便利なのですが、自動販売機やコインロッカーでは利用できないため、必ず小銭は必要になることを考えて利用を決めましょう。

前回のリストバンド決済で失敗した記事も参考にしてみて下さいね。
ハワイアンズで導入したてのリストバンド決済が使えなかったお話し

電子マネーがあればご飯もジュースもOK!

リストバンド決済もいいですが、私がおすすめするのはApple Payも含めた電子マネーです。

使える電子マネー一覧

  • nanaco,waon,QUICPay,Edy,iD,suica,pasmo,kitaca,HAYAKAKEN,manaca,nimoca,SUGOCA,tolca,ICOCA,ic

nanacoはエントランス館2Fにあるセブン銀行ATMでチャージもできます。

今回私は普段から使っているクイックペイとiDが使えるオリコのクレジットカードを一枚持っていきました。

お昼ご飯はもちろん、喉が渇いたときに自動販売機でも利用できました。電子マネーで良かった~と思ったのが、自販機の10円釣り銭切れが発生していても買えたことです。前のお客さんが買えずに悩んでいたのでよく見ると「釣り銭切れランプ」がついていました。すぐにスタッフに言いましたが、ちょっと残念ですよね。

小銭だとたまにどうしても戻ってきちゃう100円玉とかありますし、そうなったらもう買えないですから電子マネーさまさまです!

しかもそこにあった自販機は1,000円札も使用不可能になっていました。小銭持ってなかったらジュースも飲めない状況だったのが恐ろしかったです…。

そんなわけで、電子マネーをおすすめする理由でした~。

ちなみにカードや小銭はスマホの防水ケースに入れることも可能ですが、カードの出し入れなどの使い勝手を考えるなら防水バッグの方がおすすめですよ。詳細はのちほど。

混雑していても余裕を持って遊べる方法

今回のハワイアンズは夏休み並に大混雑していましたが、9時から3時までの6時間、たっぷりと余裕を持って遊ぶことができました!

とにかく混雑が苦手な家族なのですが、余裕が持てたのは以下の点を実行したからだ思います。

余裕で遊ぶコツ
  1. 朝一番に入場すること
  2. 水着を着ていくこと
  3. 荷物をコンパクトにまとめること
  4. 行きたいエリア・昼食場所を事前に決めておくこと

入園と同時にすでに更衣室へ向かう階段では渋滞が発生していました。それを見た瞬間、更衣室へ行くのはやめた!と決め、更衣室前にある貸出用ビーチサンダルだけを取って子供用プールのワイワイオハナへ直行しました。レンタルビーサンの詳細はこちら⇒ビーチサンダルは持っていく必要ある?

水着は必ず着て、コインロッカーは1ヶ所だけ使えばOK!

今回は夏だったので夫と子供は水着の上にラッシュガードを羽織るだけでOK!私はロングスカートを履いて行きました。もちろん裸足にサンダルで。

今までは更衣室の1回しか出し入れできないタイプのコインロッカーと、プールサイドにある出し入れ自由のコインロッカーの2つを利用して来ました。

でもそれって無駄だよね?という事に気づき、今回はちょっと大きめ出し入れ自由のコインロッカー(400円入れて帰りに100円戻ってくる)だけを使うことにしました(普通サイズの300円タイプもあります)。

入場したら更衣室へ行かず、服を着たままワイワイオハナのプールサイドへ直行、コインロッカー前でラッシュガードとスカートを脱いだらハイ準備OK!(笑)超簡単!

ママが荷物を整理してロッカーへ入れている間に、夫はすぐそばにある浮き輪の空気入れへGOです。並んでいたので少々待ったようですが、私が行くともう浮き輪はパンパンになっていました。グッジョブです♪
ロッカーには貴重品や靴などを入れ、バスタオル・ラッシュガード・たばこ・スマホ・防水バッグのみを小さめ水着入れに入れて持ち出します。このバッグはプールサイドのベンチにちょいと置いておけるので大丈夫です。くれぐれも貴重品は入れないようにご注意下さいね。

屋外のプールへ移動する際などは、風が冷たい時がありますのでバスタオルかラッシュガードはあった方がいいですね。ご飯を食べている時も体が冷えないようにお子さんがいるなら準備しておきましょう。眠くなったパパに掛けることもできますからね(笑)

小さめ防水バッグがマスト!とっても便利

スマホは防水ケースに入れて首からぶらさげている方が多かった印象です。普通に手帳型のケースに入れたスマホを見ているママもいましたが、水に落ちたら怖いですね。とは言え、私はそのままハダカのスマホで動画も写真も撮っていましたが(^_^;)

オススメなのは、小型の完全防水バッグ(ポーチ)です。3連チャックで水が入ることはまずありません。スマホ自体はiPhone8plusだったので写真を撮るだけなら防水ケースは不要で、濡れても全然平気でした。

スマホを使っていない時は肩掛けの防水バッグに入れて下げていましたが、なかなか便利で使い勝手も良かったです(^^)

とはいえ、いざという時のための千円札と電子マネーカードはペラペラのスマホの防水ケースに入れてから防水バッグに入れていました(笑)。逆なんですけど、濡れたスマホケースを一緒に入れたら千円札が濡れちゃいますからね。これは大成功でしたよ\(^o^)/

スマホケースに小銭やカードを一緒に入れるのも良いのですが、開け締めが結構めんどくさいかな?と思うので、やっぱり小さめ防水バッグが一押しです!

行きたいエリアを決めて効率よく遊ぶ!

行きたいエリアが決まれば動線も決まるので、荷物を入れるロッカーも決まります。

5才児を連れた我が家では子供プールのワイワイオハナがメインでしたので、そこに荷物を置いて以下の通りの順番で遊びまくりました。

オススメ!子連れで楽しむパターン
  1. ワイワイオハナで滑り台ぐるぐる
  2. 流れるプールで大騒ぎ
  3. スパガーデンパレオでママの癒やしタイム
  4. スプリングパークでちょっとのんびり
  5. お昼はアルテで子供の好きなラーメン
  6. 温泉「与一」に入って帰る
子供はいつ飽きるかわかりませんし、何にハマるかも予想できません。前回は怖がっていた流れるプールも今回は超ドハマリし、延々と回り続けました(笑)

周りの子供の真似をしてみたり、ひたすら浮き輪を押して~と言われて押し続けたりと、子供中心に時間は過ぎてゆきます。

このパターンの中で一番良かったのがスパガーデンパレオです。屋外にある温水プールなのですが、大きなプールの奥に小さなジャグジーがいくつかあり、木々もあったりしてとーーーーっても癒やされました。人も少ないので穴場だと思いますよ。
青い空と温かいプール、心地よい風、まばらな人、時間がとてものんびり流れていきました。子供も嫌がらずに一緒に入ってくれたので、パパもママも癒やしの時間を持てたのがとても良かったです。

すぐ側にはサウナもあるので、サウナ好きさんならぜひ一度入ってみてはいかがでしょうか。全く混んでいる様子はありませんでしたよ。

ランチは狙った場所でオープンを待つ!

いつもお昼ご飯は休憩所のあるレストキッチンで食べていたのですが、いつ行ってもバスタオルや荷物で場所取りがされていて、座る所を見つけるのにとても苦労していました。
今回は混雑をさけるため、反対の場所にあるスパガーデンパレオの「アルテ」で食べる計画を立てました。冬に来た時は営業していなかったところです。11時のオープンに合わせて10時頃にパレオで遊ぶようにすればいいかな~と考え、流れるプールを出て小荷物を持って移動しました。

11時になる3分ほど前から並び、一番をゲット!私の後ろにも10人ほどが並んでいましたので、早めの行動がオススメです。

食べたメニューはこちら
醤油ラーメン・ミニチャーハン・カツカレー
ざっとこの3品で約2,300円です。飲み物は高いので自販機で買いましたが、それでも小さいサイズで140円ほどはするのでご注意を。
さぁ、ご飯さえ子供に食べさせてしまえばもう母には何も心配ごとはありません!あとは好きなだけ遊ぶなり寝るなり買い物するなりショーを見るなりしておくれ!って感じですね(笑)

ディズニーに行ってもどこへ行ってもこのお昼時のご飯の確保が一番ツライ。早めの時間と思っても考えることは皆同じで、どこに行っても混んでるんですよね。

今回は珍しく私の計画がすべて大当たりしました(かなり珍しいw)。

トイレもあちこちにあるので子供に急にトイレ!と言われても安心です。ただ、女子トイレは並ぶ可能性もあるので、余裕を持って行動すると良さそうです。空いているなぁと思ったのはワンダーホルン下にあるおトイレです。チェックしておいてくださいね。

締めはハダカで入る温泉で疲れを取ろう♪

水着で入れる温泉ハワイアンズですが、裸で入る温泉ももちろんちゃんとあります。オススメは超広くて開放的になれる露天風呂「与一」。空が広いこと広いこと!夜に入るのもかなりオススメのお風呂です。

お風呂の手前にはお蕎麦屋さんと駄菓子屋さんなどがあり、お風呂上がりにアイスやお菓子を食べてほっと一息することができますよ。似顔絵コーナーもあります。

ただ、ここはせっけんとシャンプーが使えない場所なので体を洗うことができないんですねぇ。そこだけが残念です。私は日帰りなので洗わずとも帰宅できるのですが、やっぱり頭を洗いたい~と言う方はスプリングパーク内にある温泉大浴場パレスに入りましょう。12種24浴槽ものお風呂が楽しめます!お風呂はとても広いのですが、脱衣場がちょっと狭くて混雑するので注意が必要です。

さて、ここまでハワイアンズを楽しんだら後は帰るだけです。借りていたビーチサンダルはあちこちに返却ボックスがあるので安心して下さい。我が家では最後の最後まで履き倒し、出口で返却しましたw
お土産売り場はとても広く、ハワイに関する食べ物やコスメなどがたーくさん売っています。福島県の名産品もありますのでぜひ覗いていってくださいね!アイスやドリンクショップもありますよ。

2018年7月2日から駐車場が有料に!

今回ハワイアンズについてすぐに驚いたのが、駐車場の入口にバーが設置されていたことです。今までなかったのにどうしたんだろう?と思ってよく見てみると、な・なんと駐車場が有料になるというお知らせが…。

駐車場料金
  • 2時間まで無料
  • 普通車 1,000円
    大型車 2,500円(車高2.5m以上)
    営業バス 無料
    二輪車 無料
  • ホテル宿泊者は専用駐車場が無料

お風呂だけ入りに行こうと思っても、駐車場からパークまでが遠いですから2時間以内で帰ってくるのってかなり厳しいですよね(-_-;)

2017年にはビッグアロハができましたし、2018年にはエレベーターとカフェとテラスを増設しましたから、駐車場代を取っていかないと…ってことにでもなったのでしょうか?
ハワイアンズの出口と、エスカレーター乗り場に精算機が設置してあるので、車に乗る前に精算を忘れずにしましょう。精算してから60分以内に出庫しなければならないそうです。クレジットカードと電子マネーも使えます。

持っていくべきおすすめグッズまとめ

あれこれたくさんのグッズを持っていかなくても十分楽しめるハワイアンズ。浮き輪はもちろん子供用の腕にはめる浮き輪もレンタルできますし、なんならバスタオル、水着、アロハ、ムームーなどがセットになっているものもあります。手ぶらでもいけちゃう施設なんです。
子供の水着をレンタルしてみた体験談はこちら

とは言え、あったら便利だよ!と言うグッズは紹介した防水ケースです(^o^)

ママの体形カバー水着問題

プールは行きたいけど水着を着るのが苦痛で…、水着持ってないし…、肌を露出したくない…、と言うママも多いと思います。私もそのうちの一人でした。ハワイアンズでもそう言うママさんはスポーツタイプの水着を着ている方が多いです。

今はラッシュガードが普通になって来ているので、上半身は完璧にカバーできるようになりましたね(^^)/

可愛らしさをプラスしたいならこちらの水着が安くて超おススメです~。私もこんな感じのを着ていますよ。アラフォーですが気にしないw

足もぜ~んぶ隠したいのであればもうこれしかない!

プールでもスイムレギンスを着用しているママさんはいるので大丈夫です!このセットがあれば今後海でもどこへでも行けちゃいますね。私は去年沖縄旅行で日焼け防止としてレギンスにお世話になりました。

ハワイアンズには水着の大型ショップや売店もたくさんあるので、忘れ物をしたとしても現地で様々なアイテムを調達することも可能ですよ。ぜひ楽しんできてくださいね(^^)/

20%オフ割引チケットはこちらから
ママ水着はこちらから
ハワイアンズリストバンド決済はこちらから
ハワイアンズホテル予約はこちらから
真冬のハワイアンズ体験談

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。