3歳・内斜視の疑いがようやく晴れ、弱視の心配もなくなりました

眼科

10ヶ月検診で内斜視の疑いがあると診断され、3歳まで続いた内斜視&弱視検査がこの度終了し、【異状なし】となりました。ほっと一安心です。

最初の頃から”内斜視ではなく偽内斜視のようだ”と言われていましたが、ただ念のため、弱視になるのはとても大変なことなので、視力検査を定期的にして行きましょう、と検査を行って来ました。結局は偽内斜視(仮性内斜視)だったと言うことになりますね。

スポンサーリンク
アドセンス336

子供の視力検査ってどうやるの?

弱視にはなりたくない

1歳児の視力検査は大人とは異なり、シマシマ模様が見えるのはどっち?とか、小さな穴から覗かせてみたり、と言った程度です。2歳を過ぎた頃からはようやく視力検査と呼べるものになり、飛行機・花・鳥・船・車などのシルエットを見せ、手元のイラストと同じものはどれ?と質問する形での視力検査が行われました。

3歳になると大人と同じようにメガネをかけさせ、レンズを入れて片目ずつの検査も行われます。ただ、上・下・右・左などは言えない子も多いので、Cマークのイラストを持たせ、聞かれたマークと同じ向きにさせると言う方法を行います。息子はとても楽しそうに「こうかな。こっちよ。これー。こうね。」と言いながらやっていました。そのしゃべり方、うちのおばあちゃんそっくりよ(笑)

半年に一度、視力外来へ通い3歳となった今、すべてが終了しました。結果は問題なく、やはり偽内斜視(仮性内斜視)であり、弱視の様子も伺えないとのことで、今後は通常の健診での視力検査を行うことになりました。

視力は0.5と診断されましたが、3歳児の平均は0.6~で約67%が1.0になるのだそうです。まだ3歳になったばかりですので、1年以内に視力がアップして行くものと思っています。

そう言えば、写真を撮ると片目が寄り目になっていたのが気になっていたのですが、気づけばそれもなくなっていましたね。今後の視力アップを見守って行きたいと思います。

まずは近々3歳児健診(3歳3ヶ月に実施)が行われるので、そこでの視力検査で引っかかるかどうかを見たいです。

視力ダウンを防ぐには遠くを見させることが大事

先生がおっしゃっていましたが、視力が悪くならないようにするには遠くを見させることが大事だそうです。自分も毎日パソコンを見ているので、遠くを見ると目の筋力がほぐれる気がしますね。なるべく遊んでいる間にも、窓から遠くを眺めさせたり、散歩へ行かせたりしたいなと思いました。親にできることはやってあげないといけませんね。

自分が幼少のころは田舎で育ちましたから、外で遊ぶことが当たり前で、家の前は畑、目が悪くなる要素がありませんでした。現代とは全く違う時代に生きていたのだなとあらためて思います。

それと、普段遊んでいる場所にテレビがあり、大人が見るのにつけっぱなしになっていることが多いのですが、これもやめることにしました。目に良いわけがありませんね。

10ヶ月健診で内斜視の疑い?歯は1本もなし!そして歩行器禁止令
今日は9ヶ月と17日目、息子の10ヶ月健診があり、内斜視かもしれないとの診断が下りました。内斜視って一体何?治療すれば治るのかしら?と不...
スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336

フォローする

こんな記事も読まれています