胃軸捻転症って何?新生児・乳幼児の症状ってこんな感じ

seimei20130518_018

ベッドに寝かせると泣いてしまう、うちの子病気?抱っこしている間は普通なのに、布団におろした途端に泣き出す毎日。これって普通の赤ちゃんの行動なのでしょうか?

ひどいときは朝からお昼までずっと泣きっぱなし、なんてことも。これは絶対に病気ではないか?そう思った息子は胃軸捻転症の疑いが…。

スポンサーリンク

胃軸捻転症の症状、しょっちゅう機嫌が悪い

飲んだミルクを吐いてしまう、げっぷが出にくい、ベッドに寝かすとぐずりだす、おならが良く出る、お腹が張っている。

こんな症状で、しょっちゅう機嫌の悪い赤ちゃんなら「胃軸捻転症」の疑いがあります。
胃軸捻転症は、胃がまだ完成していない赤ちゃん(新生児・乳幼児)に現れる症状です。
その多くは2~3ヶ月で自然に完治するので、気づかないママも多いかもしれません。

大人のように完成していない赤ちゃんの胃は、固定されていないため動きやすく、ねじれて食道を圧迫し、ミルクとともに飲み込んだ空気をゲップとして出すことができなくなります。

よって赤ちゃんは苦しんだり、おならで空気を出したりしているのです。

診断は腹部のレントゲンを撮影し、ガスが貯まっているかどうかで判断されます。
ただ、胃軸捻転症の治療には薬や治療法があるわけではなく、前述したように成長とともに完治することがほとんどだそうです。

うちの子の場合の症状

初期の頃はとにかくおならをしょっちゅうしていました。
赤ちゃんてこんなものなのかな?としか思いませんでしたし、産婦人科ではそれほどげっぷを出させることが重要だとは教えてくれず、「出なかったら出ないでいいです。そんなに気にしないで」と言う指導でした。

あまりにも苦しそうに痛そうに泣くことが多いので、心配になって色々と調べてみたところ、『胃軸捻転症』の症状にピタリと当てはまることに気がつきました。

最初は「おならばっかりする子だ」って笑っていました。
生まれて間もない頃に一度だけ、大量にミルクを吐いたことが有りましたが、看護師さんは何も助言はしませんでした。

最初の頃は出ていたげっぷも、最近ではほとんどすぐには出なくなっています。
そして何より、しょっちゅういきんで苦しそうに、痛そうに真っ赤な顔で体を歪ませ、エビぞりになって泣いていることが非常に多いのです。

あまりにも泣き止まず痛そうにしているので、夜中の1時頃、救急病院へ連れて行ったこともありましたが、お腹も張っていないし、何も心配は無いと言う診断で終わってしまいました。

赤ちゃんてこんなに痛そうに泣くものなのか?と、ずっと不安で、私自身がおかしくなりそうになり、泣き止まない息子を抱きながら一日中泣いていた日も…。
友人に聞いても「そんな泣き方はしない」と言われるばかりで・・・。
ところが夫に言うと「同僚もみんな赤ちゃんはすごい泣くものだって言ってるから、これが普通だよ」と。

一体どっちが普通なの?子供が泣く度に、どうしたらいいのか悩み続ける日々が始まりました。

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 先日生まれた我が子が
    やたらはき戻しをして体重が増えないので
    体重外来の助産師さんにいわれたことをヒントに検索してこちらにたどりつきました。

    エビぞりで苦しそうに真っ赤に顔をする娘・・
    まさに書かれているとおりです。

    参考になりました。
    ありがとうございました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。