壁への写真の飾り方はこれで完璧!子供写真を飾る方法まとめ

フレーム入りの子供との家族写真を壁に飾るのって楽しいですよね。壁を傷つけることなく上手な飾り方でリビングにスッキリと写真を増やしたい!

100均のワイヤーネットを結束バンドでつなげて天井からぶら下げていたのですが、子供が手を伸ばしたりするようになりキケンだしあまり美しくないと思い、もっとしっかりした状態で飾れる方法に切り替えることにしました。

スポンサーリンク

つっぱりパーテーションなら壁も傷つけない!

写真館で撮影する家族写真は、木製の重めのフレームでガラスが入っているため結構な重量があります。これがもう5枚もたまってしまいました。

これからも毎年増えていくことを考えて「頑丈・安全・スッキリ」に飾れる方法を探しました。

そこで見つけたのが【つっぱりパーテーション】です。天井と床に突っ張る方式なので、壁には一切傷をつけることも穴をあけることもなく写真を飾ることができる優れもの。

今回私が使用したのは、楽天で見つけた川口工器株式会社の白いパイプの突っ張りパーテーション幅65cです。我が家の場合、壁の幅が狭かったので65センチを購入しましたが、本当だったらもっと幅広のもので飾るのがベストだなと思っています。

リビングの壁には大きな窓と小さな窓があるため、飾れる範囲が限られていたので65センチを選ぶしかなかったのです( ノД`)

フレームの幅が結構あるので一つしか飾れないのですが、本当なら横に二つ並べて飾れるといいのにな~と言う感じです。

パーテーションは主婦一人でも組み立てOK!

佐川急便で届いたパーテーションはこんな感じで段ボールに入っていました。組み立てはとても簡単!工具も不要でちょっと広いスペースがあれば主婦で一人でもできました♪

左右の高さを合わせるのがちょっと大変でしたが、最初にきっちり長さを測って左右対称に固定すれば問題ないはずです。私は大ざっぱなので適当に固定してすぐに立ててしまい、ちょっと時間が掛かりました。

室内で使用する小さな脚立や踏み台があるとスムーズに行きますよ。高さは自由に伸縮できるので一般家庭では問題が無いと思います。

そして見事完成したのがこちらです。どうでしょうか?すっきりした飾り棚って感じじゃないでしょうか?

突っ張り棒でしっかりと固定されているので、フレームを揺らしても外れそうにはなりません。息子がいたずらしても安心な強度がありますね。

100均のワイヤーフレームとは全く比べ物になりません(^^;

奥行は4センチぐらいしかないので、子供が足を引っかけると言うこともなさそうです。写真を掛けるフックもついて来ますし、届いたその日に素敵な壁掛けウォールが完成しちゃいます(^^)/

天井部分はこんな感じ。

床の部分はこんな感じです。

スポンサーリンク

少ない写真立てならレールハンガーも便利で美しい

もし飾る写真が少ないのであれば、壁に取り付けるレールハンガーもおススメです。我が家では 大工さんにお願いしてあちこちの部屋に取り付けました。
子供が生まれる前は、夫婦の結婚写真をひとつだけ飾っていました。

レールハンガーに直接写真立てをぶら下げてもいいですし、100均のワイヤーネットを下げてフックを取り付けて下げてもいいですし、結構使い勝手が良いのでおすすめです。

夫は書斎のレールハンガーにカレンダーを下げています。壁掛け時計も壁に穴をあけずに掛けられますし、100均で小物入れにもなるような部品を買ってくれば用途はかなり広がります。

スポンサーリンク

まとめ

子供の記念写真は大きく伸ばして飾りたいもの。来客時にも見てもらえますし、子供も自分で自分の成長を見て楽しむことができます。

うちの息子は「赤ちゃんの写真と、2歳の写真と3歳の写真、どれがかわいい?」なんて聞いてきます(笑)

おじいちゃんおばあちゃんにも好評ですし、突っ張りフレームなら地震があっても安心ですね。

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。