ざっくりアルバムの作り方で悩んで悩んで答えが出たっ!

winshot133

OURHOME Emiさんの【ざっくりアルバム】の作り方を忘れないように、やりながらまとめてみます!

スポンサーリンク

ざっくりアルバムが作れるサービス

Emiさん推薦のサービス

  1. 45デジタルコンビニ
    ざっくりアルバム(45リング製本)
    ・横タイプ 4/6/9/12/16/20/30/42コマ
    ・縦タイプ 2/8/18/28コマ
    ・表紙代360円+リング代360円+印刷代1p299円
    ・送料 1,080円(1万円以上で無料)
  2. FRAME*
    OURHOME ざっくりアルバム
    ・自由タイトル→オプション500円
    ・横タイプのみ 20/30/42コマ
    ・縦比率は頭を同じ方向へ調整
    ・表紙+製本代950円+印刷代1p350円
    ・送料 510円一律

1の方は縦・横タイプが選べてコマ数も選択肢がたくさんあります。ただ、ページごとにコマ数の変更は不可でした。
winshot135

2の方は写真の向きを選べたりできますが、Emiさんプロデュースとあってお値段が高い!
winshot134

スポンサーリンク

ざっくりアルバムの問題点とは?

ざっくりアルバムってとても便利なのですが、ページごとにコマ数を変えたり、1枚だけ大きいサイズで印刷したり、自動補正したりと言った細かいサービスが一切ありません。

そこで実際に作られた方のブログを探してみると、こちらがとても参考になりました。

マチカノート
実際にざっくりアルバムを作った感想がまとめられています。その中にページごとにコマ数を変える方法が載っていたので、自分も挑戦してみることにしました。

ただ、どんなソフトを使って作ったらいいのかがわからず、ここから調べまくりタイムがスタートしました。

データを指示通りに作るためにはフォトスケープを使う

ざっくりアルバムでは、自分でページレイアウトを考えてデータを作る必要があるのですが、
制作元からの指示の通り、
A4サイズ(203✕297mm)、カラーモードRGB、解像度300dpi、jpg
にしなといけません。

この方法がド素人には難しくて、あちこち検索しまくりました。

まず、A4サイズで自由に写真を配置してデータを作るにはどうしたらいいのか?エクセルデータは不可とのことなので、パワーポイントやPICASAならどうかな?と試行錯誤しましたが、うまくいかず…。

PICASAのコラージュ機能ならとっても便利なのにな…と思いつつ諦め、フォトアルバムのテンプレを探してみることに。するとフォトスケープと言う無料画像ソフトが便利だということがわかりました。

フォトスケープ、なんとなく聞いたことあるな。有名なんだろうな。どれどれどんな感じかな?と、使い方が解説されているサイトを見てみると…

毎日私が使っているソフトじゃないかっ!

(^_^;)アハハー。

フォトスケープでそんな細かいこともできたなんて知りませんでした。いつも写真のリサイズとかフレームを付け足したりとか、テキスト入れたりとか、そんなことにしか使っていませんでした。まさかこんな便利な機能があるとは!無知って罪ですね(笑)

フォトスケープは画像を保存するときに、解像度(300dpiなど)を選択できるのが簡単でとても良いです。他にも解像度変更君とか言うソフトもあるそうですよ。

A4サイズの203✕297mmをピクセルに変換するにはどうしたらいいんだろう?と悩んだのですが、こちらのサイトで簡単に計算できました。便利ですね~♪
用紙サイズのピクセル値変換ツール

コマ数はいくつで作るのがベスト?

さて、ここまでたどり着いたら、あとはざっくりアルバムのレイアウト作りにチャレンジです。

と、その前にコマ数を決めなければならないのですが、ここも悩みどころですよね。小さいと変な顔や画質の悪い写真もいい感じになったりして(笑)嬉しいこともあるのですが、大人数の写真なんかはわけがわからなくなっちゃいます。

これを解決するために、フォトスケープのテンプレを使ってお気に入りの画像は大きくしようと思うのですが、基本は何コマにしたらいいのやら。

Emiさんは42コマで作成されていて、参考にしたブロガーさんは、30も42もほぼ変わらないので42でいいかも?とおっしゃってました。

う~ん、私としてはなるべく大きくしたいなーと言う気持ちが大きいです。ざっくりと言ってもちゃんと見たいしなーって。でもきっと小さくてもいいんでしょうね。ここは決めちゃわないと何も進まないので、決めてしまいましょう!

横20コマにしてみようと思います!


・・
・・・

と思ったのですが、20コマでは料金がかなり高い!

そもそも、ざっくりアルバムと言うのは、

  • 薄い!軽い!作るのが楽!
  • L判にするほどでもない写真を見るのにイイ!

と言うのが利点です。

今の時点では【作るのが楽】から遠ざかっていますし、プリントするよりも安く済むはずが、20コマでは当てはまらない…、と言う事態に。

そう!ざっくりアルバムは42コマで作るからこそメリットがあると思うんです。簡単にぱぱっと作るからざっくりなのに、違う方向へ行ってしまうところでした。ここにたどり着くまでに一体何日かかったのでしょう(汗)

「プリントをしてアルバムに手作業で入れるのが嫌だ」と言う理由でとっておきアルバムを作らない方には、ざっくり方式で20コマなどを選ぶのが良いのかもしれません。

私がざっくりを作る目的は、とっておきの他の写真のプリントであって、画像が小さくてもOKなはずでした。ちょっと目線が変わっちゃって、かなり脱線していたことに気づきました。いつもの私の悪いくせです。すぐ違う考えになってしまうという。。。

この記事を書きながら気づきましたε-(´∀`*)ホッ

スポンサーリンク

インデックスプリントと言う手もある!

ざっくりアルバムの他にも、フジフィルムのストーリーフォトと言うサービスも良さそうでした。

こちらは1ページあたり2コマまで画像を大きく印刷することが可能です。これはかなり嬉しいポイントですね。でも、詳しく解説していたブログを見ていたら製本がかなり甘いんだとか…。破れることもあるそうで、それはさけたいものです。

それとリング製本だと背表紙が無いのが良く無い、と。確かにそうかもしれないですが、ざっくりアルバムだからここはオールオッケイ!って感じですかね。とっておきアルバムがあってのざっくりですもんね(笑)あまり考えていると全く前に進みません(泣)

他にもカメラのキタムラで作れるフォト本と言うのがありました。基本フォトブックなので、
ページごとにコマ数は変えられます。でも最大でA4サイズに8コマまで。当然ですが、大きい写真を楽しみたい方向けですね。

ざっくりアルバムの結論!

もう一度写真を見なおして、大きくしたいものはとっておきアルバム行き!そうじゃないものをざっくりへ!!

それが決まれば後は印刷するのみ。ページごとにコマ数を変えると言うのもやめました。
手間かけてたら1ヶ月はかかりそうなので(^_^;)

もうすでに1週間以上経ってるこのプロジェクト、なかなか終わりが見えません(泣)改めてEmiさんの【子どもの写真整理術】を読んだら、間違った解釈をしてるところもありました。ざっくりにはとっておきの写真も入れているそうです。そうするとすごい枚数になっちゃいますね。

完成まであと少しお待ち下さい!

完成!とっておきアルバム&ざっくりアルバムEmiさんの写真整理術をアレンジ

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です