完成!とっておきアルバム&ざっくりアルバムEmiさんの写真整理術をアレンジ

2015年9月から始まった子供の写真整理。一ヶ月もあれば終わるかな、と思っていましたがとんでもなく時間が掛かってしまい、約3ヶ月を要しました(-_-;)

息子が生まれてから2歳7ヶ月になるまでの約2,000枚にも及ぶ写真の整理、プリント、アルバム作成はかなり大変でしたが、やっぱりとっておきアルバム&ざっくりアルバムを作って良かったなぁと言うのが今の感想です。


デジカメが主流となった今、パソコンにデータを入れっぱなしにしていませんか?毎回フォトブックを作るのもいいのですが、サイズが小さくて収納に困りませんか?

そんなこんなで、写真の検証やフォトアルバムの選定、コメントを入れる吹き出しシールの購入、ざっくりアルバムは本当にこれでいいのか?と言う疑問点から私なりにちょっとアレンジしたオリジナルざっくりアルバム制作までをまとめました。

子どもの写真整理どうしよう…と迷っているママの参考になればと思います(^^)

スポンサーリンク

とっておき&ざっくりアルバムを作った体験談

OURHOMEのEmiさん流とっておきアルバムを作り始めて最初につまづいたのがこのルール。

  1. ひと月12枚
  2. 1年で1冊
もちろん12枚を超えたり、少なかったりする月があっても良いのですが、基本は1年で1冊(L判写真240枚収納)です。

しかし、これがどうやってみても一ヶ月12枚では収まりません。EMIさん曰く「12枚は意外と多い」と言うセリフも、私には「いやいや12枚は少なすぎて選べませーん(TдT)」と言う結果に。

最初はがんばりました、12枚選ぼうと。もう少し子供が大きくなって撮影頻度が少なくなってくればできそうな気はするのですが、0歳~2歳の今、毎日撮影していますし色んな表情があって、ひと月で12枚を選ぶことは完全に不可能でした。

そんなわけで、私の場合、

  1. 枚数を気にせず気に入った写真を選ぶ!
  2. 1年で区切らない
と言うダルダルのルールになりました(笑)

その結果、完成したとっておきアルバムは7冊にも及びました。7冊✕240枚で約1,600枚ですね(;´∀`)

スポンサーリンク

完成!とっておきアルバムの苦労したポイントは?

Emiさんが開発したとっておきアルバムは、専用に作られているので使いやすくて整理もしやすいのがポイントですが、高価なのが最大のネックでした。

半値で買えるアルバムでコストダウン成功

楽天ランキングでも1位を記録するほど売れているオリジナルアルバムですが、1冊税込みで1,846 円、10冊セットで18,468 円(安くない!)もする高価なものなんですね。
>>アルバムの詳細はこちら

さらに先程も述べたように、1年で1冊と言うわけにいかなくなってしまったので、もっと安くて似たようなものはないかと探した結果、ほぼ半値で買えるセキセイ・フォトアルバムを見つけました。

布張りじゃないし、黒台紙でもありませんが、大型ポケットもついてますしお値段の割に高級感もあるのでとても気に入っています♪とっておきアルバム03

とっておきアルバム04

どうでしょう?本家にも引けを取らないアルバムじゃないでしょうか(^o^)

育児日記と吹き出しシールで成長のまとめ!

育児日記もエクセルでしっかりと作りこんでプリント、写真には自分で考えたコメントを吹き出しシールに書いて貼りました
吹き出しシールこの吹き出しシール、値段が高い割に枚数が少なくて参りました。10枚セットとかあればいいのですが全然無いんですよ。

1シート160円ぐらいするのですが、何回も追加購入して最終的には30枚ぐらい使ったかもしれません。これだけで5千円近くも掛かってしまっています(;´∀`)

最初はマスキングテープにコメントを書いて貼ろうと思ったのですが、1枚ずつ切ると言う作業が嫌だなと思ったのでシールタイプにしました。
>>オススメの吹き出しシールはこちら

でも仕上がりはとっても良いものになったので、安いシールを探すのが今後の課題になりそうです( ・`д・´)

スポンサーリンク

写真の大量プリントは楽天写真館、リピートするならどんどんプリント

1,600枚もの写真をプリントするからには色が気に入らないとか後悔するのだけは嫌だなと思い、様々なネットプリントサービスを比較検証しました。

001ネットプリント

ネットプリントお試し注文してみた!各社レビューまとめ

2015.12.11

Emiさん推奨の楽天写真館に始まり、どんどんプリント、しろくまプリント、しまうまプリント、vivipri、FDPなど、色調だけでなく管理画面の使い勝手やコスパなども各社を徹底比較。

かなりの時間が掛かってしまったのですが、今後も続いていく写真整理なのでやってみて良かったと思います。ぜひ参考にしてみて下さい(^o^)

初めての大量プリントなら楽天写真館が圧倒的!

楽天写真館はなんといっても【初回半額】と言う特典があります。通常12円の高品質プリントが半額になる特典を使わない手はありません。しかも楽天ポイントも使えるしたまるしなので、普段から楽天を使っている方にはかなりお薦めです。
楽天市場グループサービスから「楽天写真館」へGO!)

キレイで安いとなればコスパは最高です!

でも、2回目以降のリピートになると今度はコスパが悪くなります。100枚以上の注文でなければ30%の割引が適用にならないため、数ヶ月写真がたまるのを待たなくてはいけません。

あまり時間を置くのは好きじゃないので、2回目以降のリピートプリントには高品質で安いどんどんプリントを使いました。

ざっくりアルバム作ってみた、その欠点は?

プリントするほどではないけれど、かと言って捨てちゃう訳にはいかない写真は1年分のざっくりアルバムを作ります。2011年、結婚前から貯まっていた写真も含めて、4年分で2冊のざっくりアルバムを作成しました。

ざっくりアルバム02

コマ数は42コマ。こうやってみると42コマでもいい感じ♪と思えますが、実際はやはり思ったよりも小さいです。

高い!ざっくりアルバム

2冊のざっくりアルバムはどちらも30ページ程度で1冊1万円を超えてしまいました。やっぱり高額ですね、今後は作らないかもしれません。

プリントとざっくりどっちが良かったのか?

42コマで30ページだと、1,260枚。1枚9円プリントなら11,340円なので同じぐらいの値段。6円プリントなら7,560円と、かなり安くできましたね。

ただ、私は6円プリントは選択肢になかったので、プリントでもざっくりでも同じコスパだったかな?と言う感じです。

でも、42コマの小ささで普通のプリントと同じ価格なら、プリントした方が写真的には見やすくて良かったのかも?と言う気もします。ただ、そうするとフォトアルバムの冊数が半端ない!っていうことになっちゃうので、できないですね。

ざっくりアルバムの欠点

  1. シートがペラペラ
  2. 小さくて見づらい
  3. 1年経たないと見られない
  4. 背表紙が無い
シートが薄いので、2歳の息子と一緒に見ていたらぐしゃぐしゃにされてしまいました(TдT)そうなると元には戻せないので注意が必要です!

それから、コマ数が小さいですからお年寄りには見づらいです。その辺を覚悟して作らないといけないですね。

そして1月のものは1年経たないと見れないことがちょっと気になります。ざっくりとは言え、せめて3ヶ月以内に見返したいよね~と言うのが正直な所。

高いざっくりアルバムを安く短期間で作るアレンジ法

そこで、ざっくりアルバムをアレンジしてみました!ちょっと手間は掛かりますが、3ヶ月に一度ぐらいの頻度で制作できてコスパも良さ気な方法を見つけました。

  1. Picasaでコラージュを作成(A4サイズ)
  2. vivipriまたはどんどんプリントでA4プリント
  3. A4ヨコサイズのフォトアルバムに入れる
アルバムはコチラのHAKUBAアルバムポケットプロフェッショナルプリントアルバムII A4を使いました。

A4横サイズのフォトアルバムが全然売っておらず、プロが使うタイプのものになりましたがAmazonで送料無料で激安で買えました♪
HAKUBAアルバムA4

Picasaは無料でダウンロードできる写真管理のソフトなのですが、【コラージュ】と言うシャッフルプリントのような機能が付いていますので、それを使います。
>>Picasaのダウンロードはこちら

これがとっても便利で、今まではずっとこれを使ってコラージュを作りスマホへ転送した後nohanaでフォトブックを制作していました。

通常1ページ1枚で1冊20枚の写真のアルバムなのですが、コラージュにすることで好きなだけ写真を増やすことができましたし、大きさも変えられて気に入ったショットは大きめに!と言うこともできたのでとても役に立ちました。

その機能を使い、A4横サイズになるようにコラージュを作成してプリントします。

↓こんな感じです。

winshot392

これをどんどんプリントのA4判プリントをしてアルバムに入れるだけです。

とっておきアルバムもこれでいいのでは?とちょっと思ってしまうほどの出来です♪
オリジナルざっくりアルバム

とっておき・ざっくりアルバムまとめ

【とっておきアルバム】
・ルールをゆるくしよう!
・安いフォトアルバムとネットプリントを使ってコスパを抑えよう
【ざっくりアルバム】
・コマ数とお値段をじっくり考えてから作りましょう
・Picasaでオリジナルざっくりを作るのがオススメ
3ヶ月を要してやっと完成したアルバムはものすごい達成感があります(笑)

ちょうど2015年も終わろうとしていますので、2016年からはため込まずに写真整理をして行きたいなと思います。皆さんも、子供の写真整理に悩んでいたら、ぜひ参考にしてみて下さいね(^^)/

ざっくりアルバム作り方の疑問にお答えします!

2016.10.18

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

8 件のコメント

  • はじめまして、0歳と2歳児の子をもつこのこです。
    職場復帰までの間に莫大な写真をどうにか整理しようと見ていたところ、本ブログに辿り着き大変参考になりました。そして、ざっくりアルバムを、最終見いだされた方法で作ってみようかと思うのですか、picasaというアプリは海外性のものですか?240円のものですか?検索してみたのですが分からなかったので教えて下さい

    • >このこさん
      お問い合わせありがとうございます。
      PicasaはGoogleが提供している無料のソフトです。
      https://www.google.com/intl/ja/picasa/
      こちらからダウンロードができますよ。

      個人で解説しているサイトもたくさんあるので、わからない時は検索すると解決します。
      コラージュはとても簡単にできるので、是非実践してみて下さい(^^)

      ステキなアルバムができるといいですね♪

  • はじめまして。1才と4才の母どらこです。
    子どもの写真整理がずっとできていませんでしたが、記事を参考に取り組んでみたいと思っています!
    まずはPicasaのコラージュを試してみましたが、紹介されているのは「モザイク」という機能で作成されたものでしょうか?自由に大きさを変えるというのが分からず、アドバイス頂ければ幸いです。

    • >どらこさん
      そうです!コラージュ機能の「モザイク」で作成しています。選んだ枚数によって写真の大きさが自動で変わります。ドラッグすれば写真の場所を変えることもできるので、チャレンジしてみて下さい。使う写真をトリミングするとアップになるので見やすくなりますよ。

      またわからなければ質問して下さいね!
      がんばです~(^o^)/

  • はじめまして。9ヶ月boyの母やってます!
    ざっくりアルバムを調べていたらこちらにたどり着きました。
    我が家もずーっとプリントしていなくて、もう5年分のデータがパソコンの中にたまってます(^-^; 
    記事のなかで、ざっくりアルバムがペラペラとありましたがどんな感じのペラペラ感でしょうか?全く強度ない感じでしょうか。
    おすすめされているpicasaのコラージュ使ったことないのですが、使い勝手よかったらA4縦にしてざっくりアルバム風にしても強度があるかな?と思ったり…。
    お時間ある時に返信頂ければありがたいです(*´∀`)

  • 初めまして!
    今月、待望の第一子が誕生予定で、
    いまから写真整理の方法をいろいろと詮索しているところです。
    ざっくりアルバムの毎ページ冒頭に、月のインデックスを差し込んでらっしゃるようなのですが、
    これはどのように作成してらっしゃいますか?
    ざっくりアルバムの作成元のFRAMEさんに問い合わせたところ、
    写真以外のデータ挿入も可能とのことだったのですが、
    どうやって作ればいいのか分からず。。。
    良ければ教えていただけないでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。