コンビジョイトリップ エッグショック GCとアップリカ エアグルーヴプラス徹底比較!

チャイルドシート(ジュニアシート)の2大人気メーカー「アップリカ」と「コンビ」の製品を比較して、購入するまでの経緯をまとめました。

長く使うものなので、子どもにとって快適に乗れること親にとって扱いやすいことなどを重点に解説しています。

VS
スポンサーリンク

2大メーカーを比較して買ってみた!

月齢に合ったチャイルドシート、使っていますか?間もなく2歳になろうと言う我が家では、乳幼児から4歳まで使えると言うベッド型タイプ【アップリカ・フラディア】を使っていました。

アップリカフラディア

しかし、2歳を目前にした近頃はチャイルドシートへの乗せ降ろしが非常に辛くなって来ました。体重は12キロほど。特別大きいわけではありませんが、シートの位置が非常に高いところにあるため、乗せるのに一苦労するように。

そこで、チャイルド&ジュニアシートへの買い替えをどうするか、検討してみました。

1歳過ぎたらチャイルドシートは買い替え?

ジュニアシートにする?"
西松屋で買い物をしていた時、ふと目にしたのが、こんな形をしたチャイルドシートでした。

(これは日本育児のもの)

なにこれ?座らせやすそうじゃないっ!」と言うのが第一印象でした。こんなシートがあることを知らなかったんです^^;

フラディアなどの0歳からのチャイルドシートは、台座の部分が高く出来ているので、12キロの子供を持ち上げるのは非常に大変(^_^;)でも、まるでイスのようなこのジュニアシートならば、息子自身でも座れそうなほど楽チンなんじゃない!?と思わせてくれました。

しかし、こういうタイプのチャイルドシートが使えるようになるのはまだまだ先のことだと思い込んでいたのです。まさか1歳を過ぎたら使えるタイプがあるとは、夢にも思いませんでした。

0歳の時にはそんなに出かけることもありませんので、安いチャイルドシートを購入し、1歳を過ぎたら長く使えるタイプのものを購入する】これがベストなんじゃないかな?と今は思います。

フラディアは4万円もしましたので、かなり高い買い物でしたね^^;

コンビvsアップリカどっちにする?

そして今回、11歳まで長く使えると言うチャイルドシートを購入するにあたって、コンビとアップリカのどちらにするかで非常に悩みました。

フラディアの時の決め手は何よりも「ベッド型になること」でしたが、11歳まで使えるタイプになると各メーカーにはさほど大きな差がありません

価格comの売れ筋では、ジョイトリップ エアスルー GF (LB) [エアーライトブラック] がイチバン人気になっていました(2015年3月末現在)。同シリーズのエッグショックも大変人気があり、コンビが強いと言う印象を受けました。

しかし、見た目も大事だと思っている私としては、アップリカのエアグルーヴも非常に気になりました。だってこれ↓かわいすぎやしませんか?(*´Д`)

エアグルーヴAGスター詳細はこちら>>>

ヘッド部分にある大きな星★とシートベルトに並ぶ★がめっちゃかわいい icon-heart もう一目惚れです!さらにかわいいだけでなく、頭のホールド性が良いのではないかな?と思いました。

ところが、価格comの売れ筋ランキングの上位には、全然入っていないんですね。なんでだろう?と思って調べてみると、楽天の口コミレビューには、バックルが非常に留めにくいとの書き込みがありました。

チャイルドシートのバックルってなんでこんなに留めにくい?

チャイルドシートを使っている方ならわかると思いますが、バックルって非常に留めにくくできていて、イライラしてしまいますよね。なんであんなに留めにくい作りなんでしょうか。子どもが自分で簡単に取り外せないようにかな?とは思うのですが、すぐに留められないのはかなりストレスになります。

ですから、今回の決め手は「バックルの留めやすさ」が一番になりそうです。もちろん子供の乗り心地や快適さは大前提ですが。

アップリカ エアグルーヴの良い所・悪い所

aprica
エアグルーヴの良い所は、何と言っても「ヘッドサポート」ではないでしょうか。

ぐっすり寝てしまった子供の頭をしっかりとホールド、カックンとならずに済むので安心感がありますね。 見た目でも「あぁ、頭支えてくれそうだなー」と言う形をしています。

デザインも洗練されてて、かっこいいなぁ、かわいいなぁと言う印象が強いです。

一方、悪い所は先程も述べたようにバックルが留めにくいところでしょうか。現在使っているフラディアとさほど変わらないバックルだったことに驚いたのですが、本当にやりにくいです。

何度も乗せ降ろしするとなると、「あぁまたか・・・」と言う気持ちになってしまう程なんですよ。

コンビジョイトリップの良い所・悪い所


ジョイトリップエアスルーの詳細はこちら>>>

こちらはamazonでも価格comでも一番人気、値段も手頃なコンビのジョイトリップエアスルーです。最近になってブラックが発売されたことでさらに人気になっているようです。

ジョイトリップの良い所は、

  • 座面がゆったり
  • パノラマビュー
  • 通気性抜群

と言うところでしょうか。

大きめの子でもきゅうくつな思いをせずにゆったり乗れ、大人と同じように周りの景色を楽しむことができそうです。うちの子は車が大好きなので、ずーっと外を見てますからパノラマビューには惹かれるところです。

コンビジョイトリップはエアスルーとエッグショックどちらを選ぶ?

このジョイトリップには「エアスルー」と「エッグショック」の2つのシリーズがあり、どちらを選べばいいのかで頭を悩ませます。

↓こちらがエッグショックGC

ジョイトリップエッグショック詳細はこちら>>

2つの大きな違いは、エッグショックには衝撃を吸収する「エッグショック」と言う素材がヘッド部分に使用されていて、より安全性を重視しているものになります。

ヘッドサポートの違い】とも言えるでしょうか。

子供のことを考えるとこのヘッドサポートはとても重要な気がするので、エッグショックを選びたいなと思っているのですが、デザインを見ると【視界を邪魔するんじゃないかな?】と言う疑問を持ちました。ワイドビューじゃなくなってしまうんですよね。

こちらの口コミレビューがないか探した所、やはりamazonのレビューに同じ疑問を持つ書き込みがありました。でも、実際に購入してみて邪魔と言うレビューは無いんですよ。

ヘッドサポートを取り外しても本体頭部にもエッグショックが搭載されているようなので、ここは買ってみないとわからない部分と言うことで落ち着きました。

まぁ口コミばかり見ているとキリがなくて、悪いとこが目につきますね(^_^;)そうすると決め手がぶれてきて、どうしようもなくなります。

トイザらスで現物を見てみました!

公式サイトを見ていても良くわからないので、トイザらスでアップリカとコンビの現物を見てきました。現物を見ればどっちにすればいいか決まるだろうと。

ところが、現物の前でウロウロするばかりで、全然決まらなかったんです(>_<)やっぱり実際に座らせてみたりしないと、わからないですね。触った感じでは、コンビの方は座面が硬いなぁと思いましたが、やっぱりバックルはアップリカよりも扱いやすかったですね。

気持ち的にはコンビを購入したいので、コンビニして良かった!と思えるポイントが欲しいところです。

コンビジョイトリップエッグショックの口コミレビューは?

現物を見ても決まらないのなら、やはり口コミレビューを見て決めるしかありません!そこで、amazonや楽天の気になるレビューをまとめてみました。

エッグショック・座面の口コミ

  • 嫌がるかと思いきやフワフワ素材に頭をこすりつけて喜んでいる
  • 寝ても頭を支えてくれている
  • 頭が前に落ちずに眠った
  • 座面にクッション性があり気持ち良さそう
  • クッションが分厚く安心感がある
  • 1度もお尻が痛いと言わない
通気性の口コミ

  • びっしょり背中に汗をかくことが無くなった
  • 新生児タイプと比べると明らかに涼しそう
デザイン・大きさの口コミ

  • カッコイイ
  • スマートでかなりコンパクトで室内が広くなった
  • 高級感があって良い
  • 圧迫感が無くびっくり
体勢についてのの口コミ

  • 寝ると頭が前にガクンとなる
  • リクライニングができないので直立になる
子供の様子など

  • 自分から進んで乗るようになった
  • 非常に乗せやすい
  • 抜け出すことがなくなった
  • 肩ベルトが外れずしっかり体を固定できている
  • 気に入って降りてくれない(笑)
  • 視界が広がって居心地が良さそう
取り付けについて

  • とても簡単
  • ぐらつくのが不安
  • 取り付けが簡単で軽量なので他車への乗せ変えが楽
乗せ降ろし・安全性

  • 高さが低いので乗せるのが楽になった
  • 上パーツと下パーツが外れやすく安全性が少し気になる
まとめてみると、座面のクッション性やエッグショックの視界は、気にしなくても良さそうです。しかし、一点どうしても気になるのがリクライニングしないので直立になると言う所。

公式サイトでもリクライニング機能はございませんと明記されていますが、さらに車の座席の背もたれがリクライニングできる場合、チャイルドモードとジュニアモードでのご使用の時は、背もたれを15度前後に傾けて取り付けできますとあります。

車のシート自体がリクライニングできるのであれば、チャイルドシートも少々倒せると言うことですね。口コミを見ると、皆さんその部分が納得行ってない様子です。車のリヤシートがリクライニングしないのが多いのでしょうか。

これは、実物で確認してみなくちゃいけません。

エッグショック買いました!

そして遂に、悩んだ末にエッグショックを購入しましたので、レビューはこちらの記事でまとめました。
エッグショックGC買いました!

コンビジョイトリップエッグショックGC買いました!

2015.10.16
joytrip003

チャイルドシート取り付けに必須のマット

こちらはチャイルドシートの取り付けには必ず必要なマットです。コレを付けておけばシートに跡が着く心配はありませんよ。フラディアにもつけていた必須アイテムです。

DiONO(ディオノ)チャイルドシートマット グリップイット ブラック

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。