ナカイの窓スペシャル面白かったですね~チェッカーズ貴重映像も!

9/30放送のナカイの窓スペシャル、見ましたか~?アラフォーたちがハマったであろうアイドルたち!!!楽しませてもらいましたー(^^)/

私は中学から高校にかけて、チェッカーズの大ファンをしていました。ですので、まーさんこと鶴久政治さんが出るとあって、録画しておきました。

メンバーの確執は置いといて(汗)、まさか久留米時代のアマチュア映像が流れるなんて驚きっ!超貴重映像でしたよね。「やけとうや!」歌ってました。

フミヤ氏の時代に乗る姿勢が聞けて面白かったな~。リーゼントを切られて泣いた高杢さんとは対照的で、テレビ出演前に研究された前髪だったんですね(^o^)

まぁ、当時は本当にチェッカーズカットやタータンチェックが流行りましたし、キャラクターものの(パクリのね)ノートとか、色々ありました。

私は筋金入りのファンで、ファンクラブもヤマハコッキーファンクラブの時から入ってました。でも住んでるところが田舎だったので、コンサートに行けたのは中2の時、パイレーツツアーでしたね。神様ヘルプ!の頃です。

スポンサーリンク

紅白歌合戦で首都高を封鎖!

紅白歌合戦で首都高を封鎖!っていうのは衝撃的な告白でしたね~。今ならありえないですよね?光GENJIも同じだったと言っていたので、当時の芸能界と言うのは今とは違うんだな~と思いました。

とにかく今はネット社会ですから、悪いことも良いこともすぐに世の中に知れ渡ってしまいますもんね。だからこそ、佐藤アツヒロさんはヤンキーでもアイドルができたんでしょうね(笑)今だったらすぐにバレてしまうし。ガス抜きで「ブンブブブブン!」とバイクを走らせていたなんて、すっごくウケました\(^o^)/

中居くんも言ってましたが、当時はジャニーズ全盛期。たのきんトリオやシブがき隊が絶大な人気を誇っていました。そこへ現れた7人組の面白いバンドグループがチェッカーズだったんですよね。

デビュー曲の「ギザギザハートの子守唄」は売れませんでしたが、2曲目の「涙のリクエスト」が大ヒットとなり、デビュー曲と、3曲目の「哀しくてジェラシー」が同時にベストテンにランクインするという快挙を成し遂げたわけです!

当時は本当にテレビにかじりついていましたよね~。歌番組全盛期ですから、トップテン、夜のヒットスタジオ、ザ・ベストテンなど歌番組が1周間に3個、他にもアイドルが歌う番組で歌謡びんびんハウスなど、色々ありました。今ではありえない番組ばかりですね。ミュージックステーションはだいぶ後から始まった番組です。

チェッカーズの解散コンサートも行きましたよ~。中居くんが観に来ていたとは初耳でしたが、感激したと言うメンバーを殺していく演出、あれは解散コンサートだからやったものではないですよ?

HEART IS GUN~ピストルを手に入れた夜~
作詞 :藤井郁弥/作曲:大土井裕二/編曲:THE CHECKERS FAM.
1989年に発売されたSeven Heavenと言う7枚目のアルバムに収録されている名曲です。

当時のコンサートツアーから演奏されていて、フミヤ氏が次々にメンバーを銃で撃っていくと言う演出が行われていました。解散するからああいう演出があったわけでは無いんですよ~。

ウィキペディアでも説明されてました、「寸劇」って(笑)

https://ja.wikipedia.org/wiki/Seven_Heaven

コンサートでは後半のロックンロールメドレーやアンコールでよく演奏された。曲中で郁弥が他のメンバーを銃で撃ち殺していく寸劇が行われていた。

コンサートでもすっごく盛り上がる曲で、この後につながる政治氏の「愛と夢のFASCIST」もめっちゃ盛り上がるんですよ~。youtubeに動画いっぱい落ちてました(^_^;)

DVDならこれでチェックできます

一世風靡セピアは、ファーストアルバムを持っていて良く聞いていたのを思い出しました。今でも聞きたいと思うことがあって、Googleplaymusicにないかな~と探しましたが、ありませんでしたね。残念…。

他にはルナシー、光GENJI、モー娘。などの裏話が聞けて、本当に面白かったです!

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。