写ルンです人気が再燃!30周年アニバーサリー記念キットって何?

使い捨てカメラ

「使い捨てカメラ」と言う言葉も今聞くと「カメラが使い捨て!?」と驚いてしまいますが、流行していた当時は本当に便利で、良く使っていたものです。

使い捨てカメラと言えばフジカラーの「写ルンです」が有名ですが、今年30周年を迎え【写ルンです30周年 アニバーサリーキット】なるものが発売され、再び人気が再燃しているそうです。

デジカメを使うようになってから、撮る枚数は格段に増えたものの、現像する機会が減り、ただただハードディスクに貯まっていくだけのものになっていました。

子供が生まれたのを機に、きちんとプリントしてアルバムに整理するということを改めて実施してみましたが、楽しかったんですよね。やっぱり写真はプリントしなければ意味が無いもので、デスクトップ画面に表示したり、スマホの待受にしたりするだけではもったいなさ過ぎるなと思います。

フィルムカメラが主流だった頃、1枚撮影するために神経を集中させていたものです。「はいチーズ!」の掛け声に合わせてしっかり全員がポーズをする。これが当たり前でしたが、デジカメではパシャパシャと気軽に簡単に撮れてしまうため、一球入魂と言う感覚がありません(笑)

失敗したショットは消せばいいし、一番良く撮れたものを残せばいいや、と思っていたのですがこの考えは大間違い!ひとつのシチュエーションで撮っている枚数が多すぎて、選べない!消せない!と言う事態に陥り、結局整理もできないまま、ハードディスクがパンパンになってしまうのです。

軽くシャッターを押してしまうことが、逆に重荷になっていることに気づいたのは最近のこと。近頃は無駄にシャッターを押すことをやめました。本当に必要な写真か?と考えてから撮影するようにしています。

そう考えると、やっぱりアナログっていいなぁ~と思えてなりません。現像してみないと何が写っているかわからないあのワクワク感。みんなでアルバムを回して大笑いした楽しい時間がなくなっていますよね。

LINEにアップして各々で楽しむ。そんな感じではないでしょうか?

だからと言って、今更フィルムカメラに戻そうと言う考えはありませんが、使い捨てカメラって本当に便利で楽しいアイテムだったな~とシミジミ思うのでした。

スポンサーリンク
アドセンス336
アドセンス336
ランキング
いつもありがとうございます(^^)
更新の励みになりますのでポチ凸お願いします

高齢ママ ブログランキングへ

フォローする

こんな記事も読まれています
スポンサーリンク
アドセンス336