親が高齢でもソニーなどの学資保険に入れる?掛け金が高くなるってホント?

245685_sアラフォー夫婦(親)の悩みのひとつ、それは学資保険。
親の年齢が高い場合、学資保険のメリットや必要性ってどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

学資保険とは?必要性はあるのか?

学資保険をとっても簡単にざっくり言うと、
パパが早く死亡してしまった場合にメリットがある保険です。

なぜならば、死亡後に掛け金を支払う必要が無くなるのに、保険金は満額もらえるからです。

例えば、17歳満期で掛け金を月払いしていたとします。
子供が10歳の時に、パパが不慮の事故などで死亡してしまった場合、それ以後の掛け金を支払う必要はありません。そして17歳には満額保険金を受け取ることができるのです。

ですから、学資保険に入るメリットとしては、パパの万が一を想定して確実に受け取れる保険金として理解するといいと思います。

返戻率って何?

さらに、学資保険には返戻率と言うものがあり、通常の銀行で作った定期預金の金利と比較しても、かなり高い利率でお金が増えて戻って来ることになります。

ソニーやJA、ニッセイなどの広告に大きく「返戻率110.5%」とか良く載ってますよね。

親の年齢が高いとメリットは無くなる

この返戻率が高いのが魅力なのですが、親の年齢が高ければ高いほど旨味はなくなっていきます

・・・・死亡する年齢に近づくからですよね(^_^;)

20代で加入するのと、40代で加入するのとでは、この返戻率にかなりの差が出てきてしまうんですね。

やはり高齢出産と言うのは、何においても良いことって無いですねー。
しんみり( ;∀;)

42歳のパパと1歳の息子、300万円受け取りでシュミレーション

10歳までの払込で22歳満期、受け取りが18,19,20,21,22歳でそれぞれ60万円ずつ。
払込総額が22,526,876円で返戻率は118.8%(差額473,124円)になります。
9年間の払込で、約47万円が増えるのか、すごい!と思いましたが、受け取れるのは17歳なんですよね。

大きなデメリットは解約にあり

ここまで見ると、学資保険てメリットが大きいね!と思いますよね。でも、もしこの先何かあって、まとまったお金が必要になり、学資保険を解約しようとすると、デメリットが起きてしまうんです。

それは元本割れです。

ネットで検索すると「ソニーは元本割れしない」なんて書いてある記事が多いのですが、そんなことはないです!ソニーの公式サイトには小さな文字でご契約後、短期間で解約した場合には、解約返戻金等が払込保険料総額を下まわることがありますとはっきりと書かれています。

ただ、それが何年なのかは契約してみないことにはわかりません。一般的な年齢では6年以下だと元本割れするみたいです。うちの場合は年齢が行っているのでもっと長い年数預けても、元本割れするかもしれないですね。

その辺りの説明はホームページやネットでは見つけることは出来ず、契約の説明を聞いてみないとだめそうです。

と言うことで、加入することを前提に、ライフプランナーに無料相談してみようと思います。

結果はどうだった?加入できた?

色々わからないことがあったので、ソニーの公式サイトからメールで相談をしてみたところ、健康状態が引っかかってしまい、残念ながら夫婦揃って加入することができませんでした(泣)

健康なご夫婦であれば、年齢だけで加入出来ないということはないので、資料請求をしてみてくださいね。

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。