ダスキンモップvsコードレス掃除機比較ずぼらママも毎日お掃除したくなるのはどっち

ダスキンとスティッククリーナー

私はお掃除が大嫌いな、超ずぼら人間です(笑)独身時代は掃除機をかけるなんて滅多にしませんでした。

お掃除で一番ネックなのって、掃除機を出すことじゃないですか?とにかくその行動を起こすことが「面倒くさい」

だからお掃除しない。

だったら簡単にお掃除できるお掃除グッズを使おうじゃないか!と言うことで、ダスキンモップとコードレス(スティック)クリーナーを使うことにしました。

でもどちらも使うわけにもいかないので、どっちがいいのかを比較して、選ぶことにしました。

スポンサーリンク

ダスキンモップはめちゃくちゃ簡単にほこりが取れる

ダスキンモップ

まず、ダスキンモップの使い心地ですが、まぁ、これは本当に簡単にほこりが取れるし、電気いらないし、軽いし、どこでもスイスイモップがかけられて超イイです!

写真の通り、ほこりがどーんと取れます。これは毎日使うのには最適な掃除道具ですね!

スポンサーリンク

コードレス掃除機はとにかく楽チン!

コードレス掃除機
こちらはアイリスオーヤマのコードレス掃除機です。充電ステーションがついているので、毎日ここへ置いておくだけで充電できてとっても楽チンです。

コードレスになると急激に掃除のハードルが低くなりますね。だっていちいちコード引っ張って、コンセントに入れて、ってやらなくていいんですよ?さっとお掃除できちゃうのがコードレスの強みですね。

スポンサーリンク

ダスキンのデメリットは?

ダスキンはとても使いやすいのですが、ほこりをしっかりキャッチするので、そのほこりを取るのがめんどくさいことがわかりました。

ダスキンは4週間で新しいモップと交換してくれるのですが、1日使っただけでモップにはほこりがびっしり付着してしまいます。

それを吸い込むクリーナーもレンタルできるのですが、CMでやっていたように、さっとほこりを吸い取ることはできません。ほうきの様に紙くずなどを集めた場合は吸い込んでくれますが、モップにからみついたホコリは絶対に取れません!

そこが問題だなぁーと思っていたら、最新のクリーナーにはホースがついたようで、ほこりを吸い込みやすくなっています。

大きなデメリットはコスパでしょうか。やっぱり4週間ごとに料金が発生するので、長い目で見るとかなりコストがかかります。

ホコリが舞い上がるのが嫌、掃除機ではなくモップを使いたいと言う方にはかなりおすすめです!とにかく4週間お試しを使ってみると良くわかりますよ。

今なら4週間お試しが半額です!


毎日掃除するようになったスティック型掃除機

結局私が選んだのはダスキンではなく、アイリスオーヤマのスティック型掃除機でした。
winshot001
超ズボラな私が本当に毎日お掃除するようになったのは、間違いなくこれのおかげです。

でも当然デメリットもありますよ。
・充電が切れれば使えない
・通常の掃除機より吸引力が弱い

こんなところでしょうか。

充電池は2つついてくるので、切れたらすぐ電池が変えられるのはすごいいいところです。
充電ステーションで予備電池も同時に充電できるので余計な手間も、充電忘れも無し。

吸引力はやっぱり弱いです。なので、毎日のお掃除はスティック型でやるとして、月に一度は通常の掃除機をかける、と言う具合です。

これで我が家はいつもキレイな床を保っています。ズボラな私が毎日掃除するようになるなんて・・・。自分でもびっくりです(・o・)!
アイリスオーヤマ掃除機特集はこちら

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。